若いころから、ドラマ『お水の花道』や『スチュワーデス刑事』など、数々のヒット作に出演してきた女優の財前直見さん(56)。

妊娠きっかけに移住

 2007年に東京での生活を引き払い、実家のある大分で父と母、生まれて間もない息子と暮らし始めた。昨年末には、大分での暮らしや食をまとめた『直見工房』(宝島社刊)も出版。移住のきっかけや田舎での生活について伺った。

40歳で子どもを授かったときに、この子の前では女優ではなく、1人の人間でいたい。そう考えたのが始まりでした

 移住とともに、仕事を休み、最初の3年間は育児に専念。そこに迷いや後悔はなかったという。

「豊かな自然環境の中で、子育てができたのは幸せでした。子どもも、都会で2人で生活するよりも、祖父母や小さいときから知っているご近所さんとの付き合いの中で、いろいろな人の視線や愛情を感じて育ったのではないかと思います」

“もったいない精神”が生まれた

財前家が代々受け継いできた畑と山で、家族と一緒に作物を育てている 撮影/深澤慎平

 大分では80歳を越える父親が、広大な畑や山でさまざまな農作物を作っている。高齢になる親を支えたいという気持ちも地元に戻ろうと思った理由のひとつだ。

「農作業は父の趣味でもあるんですけど、1800坪の畑と1800坪の山で、タケノコに、きゅうり、玉ねぎ、かぼす、しいたけ、大根、ほうれん草、里芋……と季節によってさまざまな作物が採れます。

 私は収穫を手伝うくらいですが、収穫したらなるべく早く新鮮なうちに食べきるようにします」

 季節のものをその季節に収穫して食べる、という人間の自然な行為を通して、自然のありがたみや、“もったいない精神”が芽生えたという。

 1度に大量に採れる野菜や果物を最後までおいしく食べきる秘訣はあるのだろうか。

「うちの母は料理が大得意なので、2人でどんどん調理してその日のごはんにしたり、加工食や保存食にしたりします。

 冬は中庭が冷蔵庫代わりになるので、今の季節は白菜や大根は1度干してから漬物やキムチにして長く楽しんでいます」