1月中旬の昼下がり。冷たい風が大寒の到来を感じさせる中、都内の幼稚園から1人の女性が自転車をこいで出てきた。軽快なスピードで住宅街を走り抜けていく。すれ違う人たちも、彼女が水野真紀だということには気がついていないようだった─。

「水野さんは'18年に聖心女子大学現代教養学部教育学科に編入学しました。3年間の学生生活を経て、'21年3月に卒業。現在は週に1回のペースで、都内の幼稚園に保育参加しているんです」(スポーツ紙記者)

 水野の働きぶりは、保護者の間でも評判になっているという。

「クラス担任ではありませんが、子どもたちと園庭で遊んだり、園内の掃除をしたりと、積極的にお手伝いをされています。昨年秋に開催された運動会でも拝見しました。胸には『ごとうだゆき』という、すべてひらがなの名札をつけていて、子どもたちからは“ゆき先生”と呼ばれています。いつもにこやかにふるまっているから、親しみやすいみたいですね」(幼稚園に子どもを通わせる保護者)

自分のやりたいことも大事

自転車に乗り、幼稚園からの帰路につく水野真紀(2022年)

 水野は、'87年の第2回『東宝シンデレラ』で、審査員特別賞を受賞し、女優としてデビュー。現在ではバラエティーでも活躍している。なぜ人生の折り返しともいえる50歳を過ぎて、幼稚園教諭の道を目指したのだろう。

「水野さんは勉強好きみたいです(笑)。'98年にはロンドンに3か月ほど短期留学したことがありました。'90年のNHK朝ドラ『凛凛と』で本格デビューし、'92年からはパナソニック電工のCMで、初代“きれいなおねえさん”を務めるなど、芸能活動は順調でしたが、自分のやりたいことも大事にしたかったようです」(前出・スポーツ紙記者)

 留学先では趣味であるお菓子作りを学び、帰国後に服部栄養専門学校に入学。'02年には調理師免許を取得した。

「お菓子だけでなく料理や食全般についても知識が豊富。MBSのグルメ情報番組『水野真紀の魔法のレストラン』では、司会を務めています。今年の4月に21周年を迎える長寿番組ですよ」(テレビ誌ライター)