「30歳までに結婚したい。相手の年収は2000万円以上で住まいは港区、中央区、渋谷区、品川区のかたがいい♪」
 
 とは、ある20代・港区女子に「結婚するならどんな人?」と質問をした結果だ。相手の居住区も限定する時代なのかーー。 

独身女子の“値踏み基準”

 独身研究家・荒川和久さんの記事に衝撃を受けた。荒川さんの研究によると「未婚の男女では、住む場所が全然違う」。同じ東京23区内でも、未婚男子と未婚女子の生息地がまったく違うのだ。

東京23区未婚の一人暮らし「男が多い区/女が多い区」出典:2015年国勢調査を元に独身研究家・荒川和久氏作成記事より

 記事中で荒川さんは“足立区男子と港区女子は出会えない”と力説する。真相を確かめるべく、各世代の港区独女に尋ねた。

「足立区のかたって基本的にお話しない層だから、わかりません」(前出・20代)

 経験値が足りないならば仕方ない。しかし……

「足立区も江戸川区も葛飾区も、東京のどのあたりなの?」(50代)

「上京してから一度も行ったことがない」(70代)

 なんと、上は70代までの港区女子が似たり寄ったりの感想。港区女子の脳内地図には足立区が載っていないのか? これでは荒川さんの言うように、足立区男子は港区女子と出会えない。というか、出会う気ないでしょ!

「例えばバブルの頃、独身女子が独身男子を値踏みする基準って“乗っている車”だったわけですよ。大体“年収の3倍”を目安にみんなが車を買っていたから、高級車であるBMWの3シリーズだの、ベンツ190だのに乗る男はわかりやすくモテた。いまはそれほど車に乗らないからそれでは判断できない。“どこに住んでいるか”が男子の重要なポイントになってくるんですよ」(荒川さん、以下同)