NHKは2月9日、2022年度の番組改定と主な新キャスターを発表。同局のエースアナで不動の人気を誇る和久田麻由子アナ(33)が3月で『ニュースウオッチ9』を降板し、担当するレギュラー番組がゼロになることも明らかになった。

“わくまゆロス”に嘆く人々

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 和久田アナは2020年3月から『ニュースウオッチ9」のメインキャスターに就任。2021年大みそかの『NHK紅白歌合戦』では俳優の大泉洋(48)と女優の川口春奈(26)とともに司会を務めたことも記憶に新しい。

 新年度からレギュラー番組がなくなる和久田アナについて、同局の放送総局長は「特集やナレーションを担当してもらいます」と答えた。

和久田アナは“わくまゆ”の愛称で親しまれ、特におじさん世代には絶大な人気を誇りました。和久田アナのレギュラーゼロ報道を受け、すでに“わくまゆロス”も広がっているようです」(テレビ誌ライター)

 ネットには、

「和久田さん、観られないのか……」
「今から失望絶望のワシ」
「俺も、わくまゆロス」
「和久田さんが外されるのは、辛い」
「ショックで会社休んでいいですか。あ、在宅勤務だった」
「最近のNHK、少しおかしいぞ。和久田アナここで外すか」

 といったコメントが多数寄せられている。

 和久田アナは東京大学卒業後の2011年にNHKに入局。新人時代は岡山放送局に勤務し、2014年に東京アナウンス室に異動となり、『NHKニュースおはよう日本』のメインキャスターに抜擢された。

 2月10日の『NEWSポストセブン』では新人時代の和久田アナのエピソードを掲載。ラジオで共演した歌手は和久田アナを、本番中以外も裏表がなくテレビから受けていた「優しく気品があるお姉さん」と評している。

 また、岡山から東京への異動が決まった際には「かぐや姫が、月に帰る日が来てしまった」「これからも応援しています。ただ、涙が止まりません」といった声が相次いで上がったという。

「今回の人事にしても、岡山から東京への異動にしても、“たかが”と言ってはなんですが、イチ社員の異動にもかかわらず、関係者だけではなく視聴者にもあまりに大きな衝撃が走っていて、冷静に見れば異常とも言えそうな事態にあります。

 本人の生活もあるでしょうし、2019年に一般男性と結婚したばかりの新婚でもありますからね」(前出のテレビ誌ライター)