大ヒットした『CITRUS』で昨年の『第63回 輝く!日本レコード大賞』の大賞を受賞したDa-iCE。メンバーの工藤大輝と花村想太が作詞でも参加している楽曲での受賞。

昨年はDa-iCE結成10周年のメモリアルイヤー

工藤大輝(以下、工藤)「ありがたいと思いますが、プレッシャーでもあります。今年も結果を求められる気がしてしまって」

花村想太(以下、花村)「『CITRUS』という曲にいただいた賞。ここからさらにグループ名を知っていただいて、いま以上に“Da-iCEといえば『CITRUS』だよね”と言っていただけるようになっていきたいです」

 受賞した昨年はグループ結成10周年というメモリアルイヤーでもあった。

花村「本当に奇跡だと思います」

大野雄大(以下、大野)「授賞式のあとは、お祝いすることもなく、すぐに帰りました。翌日の大みそかに単独ライブもありましたし、ももいろクローバーZさんが開催されている年越しライブイベント『第5回 ももいろ歌合戦』にも参加させていただいて。そのあと、『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2021→2022』にも出演したので」

大野雄大(32) 撮影/伊藤和幸

和田颯(以下、和田)「年末がこんなに忙しかったのは初めてで、うれしかったです」

 流れがきている5人は、CONCEPT EP『REVERSi』(※EP:シングルよりも曲数が多く、アルバムより少ないもの)をリリースしたばかり。ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』の主題歌『SWITCH』など、収録の9曲中4曲がドラマや映画、アニメの主題歌、CMソングとなっている。

 今回のEPのリード曲『DOSE』の作詞、作曲にも工藤と花村が参加。

工藤「“どうせ(DOSE)、なになにじゃん”というマイナスな感情を一蹴したかったんです。“どうせ、うまくいかない”と諦めてしまう人たちに、そんなことないよと」

工藤大輝(34) 撮影/伊藤和幸

花村「面白いんですけど、僕がディレクターさんと“どうせ”ってプラスにもマイナスの意味にも使えていいよねって話をしていた1分後くらいに、ひとりで考えてくれていた(工藤)大輝くんから“どうせ”ってどう? と言われて。お互い同じ言葉に導かれるって、これは確定だねと」

和田「僕たちがこれまでにリリースしてきたダンス曲にしては、大人っぽくて、落ち着いていて」

大野「いつもならリード曲ってもっと激しい曲調で、ダンスも徒競走みたいにハードなものが多かったんです(笑)。落ち着いたカッコよさやセクシーさという部分も武器にしていきたいと思っているところでの今回の曲ですね」