未来志向でお金を貯める習慣を作る

 また、極端に我慢をしてお金を貯めようとするとストレスで、ある日ドカンと使ってしまうケースもある。

生活水準を下げる必要はありません。未来志向でお金を貯める習慣を作りましょう

 そんな熊谷さんが暮らしの中で実践していることは、自分がご機嫌でいられる状態や空間を作ることだ。

「いつも目に入るもの、携帯電話の待ち受けやリビングに自分のお気に入りの場所を作ってみてください」

 自分がベストな状態でいられれば、人からも声をかけられやすい。チャンスやいい結果に恵まれやすくなり、結果的にお金が入ってくる流れができると断言する。

「不要なものがあるとよくないエネルギーを発するので、断捨離してメルカリなどで売ってみては。家にいる時間が長いからこそ、家はスッキリさせておきたいですよね」

 これから紹介するのはやって効果を実感した習慣。ひとつ残らず試してお金の神様に振り向いてもらおう。

●お金の神様に嫌われるのはこんな人!

・後回しにしがち
 やらなくてはいけないことを何でも後回しにすると、どんどん生活が乱れてしまう。支払いなどを後回しにすれば信用も下がる

・面倒くさがり
 わからないことを知ろうとしない、すぐにスルーしてしまうと損をすることも。お金を無駄に払いすぎているのに気づかない

・目の前のことしか考えない
 欲しいものがあったら、手持ちのお金がなくてもクレジットで購入してしまう。短絡的で常に行き当たりばったり

【習慣1】財布に2つの「お守り」を入れる

 お金の神様に好かれるためには、お金の居場所である財布の選び方と使い方が重要だ。形状は問わないが、長財布などお札の居心地がよいものがより理想的だ。レシートやポイントカードは出して、スッキリ整理して。

 お札とともに「感謝半紙」や「志半紙」を入れ、お金が出ていくのを防ごう。作り方も簡単なので、半紙さえあればいつでも作成できる。

「感謝半紙」と「志半紙」を財布に入れよう
【イラスト】節約が捗る「感謝半紙」と「志半紙」の使い方

◆ベースになる半紙の切り方

 半紙を縦に等分に三つ折りにして、ハサミなどで切る。その半紙を横に等分に二つ折りにして折り目をつける

半紙の切り方 イラスト/はやかわくにこ