「ピッピッピ」「チュンチュン」「チッチッチー」――。

 小鳥の声がオーケストラのように響き渡る、マンションの一室。ここは、埼玉県戸田市にあるNPO法人小鳥レスキュー会の保護施設だ。500羽を超えるセキセイインコをはじめ、文鳥やアヒルなどの計約700羽が、代表理事の上中牧子さんやボランティアの手によって第二の人生を歩み始めている。

コロナ禍で増え続ける「捨て鳥」

埼玉県にあるマンション5戸で、インコやあひるなど、保護した鳥700羽を飼育している

「ケガをして救助した野鳥やブリーダー崩壊で保護した鳥もいますが、多くは飼い主に捨てられた鳥たちです」と上中さんは言う。新型コロナによる自粛生活で家にいる時間が長くなって小鳥を迎えたものの、すぐに手放す飼い主も少なくない。

コロナ禍に入って保護する鳥の数は増えています。飼育放棄の理由は、仕事を失って生活に余裕がなくなったから、離婚して引っ越した先がペットの飼育禁止だから、飼ってはみたけどイメージと違ったからなど。

 イメージと違うというのは、手に乗るはずなのに乗らない、インコなのにしゃべらないといったことです。猫を飼ったから小鳥はいらなくなったという人もいました」(上中さん、以下同)

 新型コロナだけでなく、上中さんが動物の保護活動を始めた20年前からは想像もつかない理由で鳥を手放す飼い主が、最近は増えているという。

半年前に保護されたオカメインコ

SNSがきっかけで飼った人ですね。たとえば、鳥に産ませた卵が孵(かえ)るまでのドキュメンタリー映像を見た子どもが、夏休みの自由研究に同じことをしたいと家族にせがみ、鶏を飼ったケースがあります。

 ヒナが無事に誕生して課題としての役目を終えると、“大きくなりすぎて飼いにくい”、“大声で叫ぶオスだったので近所迷惑になりそう”と、あっさり飼育を放棄するのです。

 美声で歌うオカメインコのSNS投稿動画に惹かれてオカメインコを飼ったものの、“歌わないからSNSで使えない”と文句を言う人もいました」

 鳥を“映え目的”の道具として手に入れ、使い捨てる飼い主が急増しているのだ。