3月17日発売の『週刊文春』3月24日号に掲載された、《福原愛の嘘と恐喝事件》とのタイトルが打たれた穏やかではない記事。それは元卓球女子日本代表の福原愛の交際相手、つまりは元不倫相手とされた“Aさん”の前妻・“B子”さんによる告発だった。

 メジャーリーガー・大谷翔平似とも称された、イケメン商社マンとの不倫疑惑が生じたのが2021年3月のこと。当時、台湾人の元夫・江宏傑(ジャン・ホンジェ)氏と2人の子どもを台湾に残して帰国していた福原が、Aさんと横浜中華街デートを楽しんだ後にホテル、そして彼女の自宅での2連泊をキャッチされたのだ。

 ところが、福原は不倫を頑なに否定。一方で江氏による“モラハラ”報道も浮上する、日台を巻き込んでの大騒動に発展するも同年7月に2人の離婚が成立。子どもたちを元夫に預けながらも共同親権とする形に。そして12月ーー、

「『NEWSポストセブン』が、ひだまりの中でベンチに腰掛けて談笑する公園デートを撮っては、愛ちゃんとAさんの“真剣交際スタート”と報じました。この記事で書かれた“嘘”にB子さんは我慢できずに、今回の福原への反論として告発に至ったみたいですね。夫を“寝取られた”妻の登場で騒動は再燃しそう」(スポーツ紙芸能デスク)

丸文字の“ラブレター”には…

 文春記事を読み解くと、1度は夫の“火遊び”を許した妻だったが、彼女は自宅で“ペンギン柄の便箋四枚に綴られた丸みを帯びた文字”を見つける。福原がAさんに書いた“ラブレター”だった。《いつも甘えてばかりでごめんね》《また会える日を楽しみにしています》などと、不倫関係の継続を匂わせるような内容。そして、B子さんはついに福原本人に電話をかけたのだった。

 そして夫婦の離婚成立後、B子さんと福原によって起こされた、警察を巻き込んだ“恐喝事件”は昼ドラも真っ青な展開ーー。と、騒動の詳細はさておいて記事内で気になったのが、そもそもの発端となった福原とAさんの“出会い”について。

 当初は出会いの場を「6、7年前に共通の知人を介した食事会」と報じられていた2人だが、B子さん友人によると、Aさんは学生の頃に新宿のバーでアルバイトをしていたとある。そこに客として来店したのが福原だ。

 その出来事を、すでに交際を始めていたB子さんに《店に愛ちゃんが飲みに来て、携帯番号が書かれたコースターを渡されたんだけど》と、福原から“ナンパ”されたことをうれしそうに話していたというAさん。つまりは福原が“逆ナン”したというのだ。