3月18日午後8時から『タモリステーション ~欧州とロシアの狭間で ウクライナ戦争の真実~』(テレビ朝日系)が緊急生放送される。

「今年1月に“大谷翔平の軌跡”というサブタイトルで第1弾を放送。大谷選手の注目度の高さに加え、タモリさんが時事ネタを取り上げる番組で司会を務める新鮮さもあり、世帯視聴率は15.9%を記録しました。同じ時間帯は他局が軒並み1ケタ台と苦戦する中、圧倒的な数字でしたね」(テレビ誌編集者)

ドタバタの制作現場

 同番組は“自ら(タモリ)の持つ知的好奇心をフルに生かし、旬の話題に鋭く切り込む”がコンセプト。彼のレギュラー番組といえば『ブラタモリ』(NHK)や『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)のように、マニアックな知識や視点を披露するものが多い。政治色の強い番組に出るのは意外な気もするが……。

「ウクライナ情勢を報じるようになって以降、『報道ステーション』などニュース番組の視聴率が軒並み好調なんです。日本テレビと視聴率の3冠争いをしているテレビ朝日としては、年度末までに少しでも視聴率を稼ぎたい。

 そこで、第1弾が好評だった『タモリステーション』をウクライナ情勢と絡めて放送することを決めたようです。準備期間が十分に取れなかったこともあり、制作現場はバタバタ。番組でアシスタントを務める大下容子アナも、数日前まで具体的に何をするのかわかっていませんでしたからね」(ワイドショー関係者)

 芸能レポーターの川内天子さんは「タモリの現在の状況も関係あるのでは」と分析する。