辻ちゃん、子どものインスタ「大げさ発表」にも賛否両論

 辻ちゃんといえば、かつては「ブログにウィンナーをアップするだけで叩かれる」ほどの炎上キャラ。今や、アンチの批判コメントを逆手に取り、ブログやYouTubeチャンネルのアクセス数を伸ばすツワモノだ。

 それだけに今回のことも、ネットには「子どもにも金儲けさせようとしているのか」「親のブログで公表するべきではない」など、批判的な声も上がった。だが川内さんは、「親としての辻ちゃんのやり方には賛成」と言う。

「今でこそ“炎上商法”も心得たものですが、過去にはアンチの声にたくさん傷つき、芸能界の洗礼を嫌というほど受けてきた。娘にはこの厳しさをちゃんと伝え、将来の可能性を広げる意味で、ネットの負の部分やリスク回避法を学ばせたいのでしょう。

 希空さんのインスタのコメント欄が閉鎖されているのも、辻ちゃん自身の痛い教訓からでしょうね(笑)」(川内さん)

 前出の山口さんもこう理解を示す。

「辻ちゃんが昨年『セブンルール』(フジテレビ系)に出演した際、育児方針として“やる気のあることを集中的にやらせる”と話していたのが印象的でした。

 長男の青空(せいあ)くんと次男の昊空(そら)くんにも、夫妻のYouTubeチャンネル『たぁのんちゃんネル』内で『せいそらちゃんネル』を担当させるなど、子どもの意思を尊重する姿勢が、今の希空さんの活動に繋がっているのでは」

手作りスイーツ“お店で買った?”の声にアンサー動画

 良くも悪くも注目を浴びる希空さんのインスタだが、その投稿内容もネットをザワつかせている。「♯おうちカフェ」などのハッシュタグをつけ、「手作りのお菓子やパン」をアップしているのだが、そのクオリティが「売れるレベル」と高評価なのだ。

 スタイリングも手掛けるフードコーディネーターの落合貴子さんは「人気店のスイーツそっくり」と驚く。

「バレンタインに投稿されたクッキーBOXは、人気パティスリー『アトリエうかい』の缶入りクッキーを彷彿とさせる出来ばえ。また、グラサージュ(ケーキのデコレーション法の一種)やフレジェ(フランス風ショートケーキ)などハイレベルな手法に挑戦したり、器などのスタイリングも凝っていて、14歳とは思えません」

バレンタインに作ったボックスクッキーは人気店の缶入りクッキーにそっくり。(@n_07_a.sより)
【写真】辻希美の長女・希空さんのインスタグラム、クッキーは人気店にそっくり