60歳からチャレンジした2人の女性

常に謙虚さを忘れず新しいことを学び続けて女性のためのサロンを開業

【松下いづみさんの場合】

女性のためのサロンを開業した松下いづみさん
【写真】60代から資格を取得し成功している2人の女性

 大手不動産会社で働いていたころ、更年期うつになって50歳で退職。夫のすすめで近所のジムへ通い始めたら、少しずつ心身の不調が改善していきました。施術を受けていたストレッチトレーナーの先生が学校を開校すると知り、59歳で入学。

 ストレッチや整体によって、フルマラソンを完走できるほど元気になれたので、インストラクターを目指すことにしたんです。笑いヨガやメディカルアロマも学び、接骨院や整体サロンで働いて経験を積みました。

 さらに自分らしさで勝負しようと、笑いを呼吸法にして身体を動かす「笑とれっち」を考案し、2021年にサロンを開業。謙虚さを忘れず、新しいことを学び続けることが成功の秘訣だと思います。

更年期の不調を乗り越えた自身の経験を活かし、結婚、出産、更年期と人生の節目で不調が起こりがちな女性のための施術を行っている

67歳で公認心理師に合格。学ぶ楽しさが資格取得につながり収入アップ

【南 幸恵さんの場合】

67歳で公認心理師に合格した南幸恵さん

 専業主婦だった40歳のときに、突然夫が他界。子どもを育てるために就職し、人事部で働き始めました。必死で10年勤め、50歳で子育てが一段落。人の役に立つことを学びたいと思い、大学の通信講座などで心理学を学び始めました。

 勉強は大変でしたが学ぶのが楽しくて、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなど多くの資格を50代で取得しました。定年退職後は、社員のメンタルヘルスケアや研修を担当した実務経験と資格を活かし、カウンセラーとして独立。

 67歳で取得した国家資格の公認心理師は、独立して働くうえで役立っています。おかげさまで仕事は順調で、収入は会社員時代の倍以上に。何歳から挑戦しても遅くはないと実感しています。

企業と契約し、社員のカウンセリングと研修業務を中心に活動している。スーパーバイザーとして、カウンセラーの教育や指導を行うことも