「(芸歴)10年以上の先輩もめっちゃ面白い人がいっぱいいるので、ライブとか来てほしいです!」

 3月6日の夜、涙ながらに思いを吐き出したのは、ピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ2022』(フジテレビ系)で初優勝を果たしたお見送り芸人しんいち。

「'02年から開催されている『R-1』ですが、昨年からは出場資格が変更され、プロは芸歴10年以内、アマチュアは参加10回目以内に限定されました。それまでは芸歴不問だったため、ベテラン芸人の出場も多かったですね」(お笑いライター)

焼き芋の移動販売を始めたR-1王者

 お笑い芸人の賞レースとして『M―1グランプリ』『キングオブコント』と並んで“3冠”とも評される『R-1』。しかし、その位置づけは少しばかり異なっているようで……。

「毎年爆発的に売れる芸人を輩出している『M-1』や『キングオブコント』と比較すると、優勝者やファイナリストがブレイクしにくい傾向にあるんですよ。歴代の優勝者でも、ブレイクをつかんだのは一部だけ。個性が強すぎると、いわゆる“イロモノ”扱いになってしまい、一発屋になってしまうこともあるんです」(同・お笑いライター)

 優勝したら即、人気者の仲間入り!……というほど甘くないピン芸人の世界。実際に、かつてチャンピオンに輝いた1人の芸人は、今や“副業”で生計を立てている。

「'14年の王者、やまもとまさみさんです。さまざまなキャラクターを演じ分ける1人コントが武器で、優勝直後こそ脚光を浴びたものの、それ以降のバラエティー番組では大きな爪痕を残せず……。とはいえ、彼は奥さんと2人の子どもを持つ身。生活のことを考え、'17年にクレープ店『ジェラフル小田原店』をオープンさせました。今では3店舗のオーナーとなっていて、副業では成功を収めていますね」(芸能プロ関係者)

 そんなやまもとが、このほど“第2の副業”を始めたという。

「昨年末あたりから、『やきいも劇場』と称して焼き芋の移動販売を行っているそうなんです。芸人としての姿をテレビで見る機会はめっきり減りましたが、クレープ店に続いてビジネスの幅を広げているみたいですね」(同・芸能プロ関係者)