仕事をきっちりとこなし、会社的評価も高く、高収入を得ている。けれど、恋愛経験がないままに年を重ねてしまった。そんな男性が40代後半、50代、60代になって婚活を始めると、どうなるでしょうか? 最初は失敗続きです。ライターをしながら婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。仕事ができる、イコール、恋愛上手とはならない。その事情について考えていきましょう。

お金があっても若い女性と結婚できるわけではない

 ふみおさん(55歳、仮名)は、上場企業の取締役をしている年収1700万円の男性です。初婚でお子さんを希望しています。

「第一希望は、30代、譲歩しても41歳くらいまでの女性と結婚したいです」

 入会面談のときにこんなことをおっしゃっていたので、私は、現状を申し上げました。

「男性の中には、お金があれば若い女性と結婚できると思っている人たちがいます。しかし、現実は違いますよ。ほとんどの女性たちが、父親のような年齢の男性との結婚は考えていません」

 もちろんそうしたカップルも世の中にはいます。ただそうした人たちの多くは、生活圏内で自然に出会って、女性が男性を好きになり、年齢差が気にならなくなっている。

 そこにいくと、婚活というのは条件ありきの出会いです。まず最初にその人のプロフィールが提示されます。体温のないプロフィールを見て、15も20も歳の離れた男性と“結婚を前提に会ってみたい“と思う女性は、まずいないのです。

 タレントさんの中にも親子ほど年の離れた女性と結婚する男性がいます。しかし、そこには男性が“有名芸能人“というブランドがありますし、メディアを通じてすでに彼らがどういう人なのかを、女性たちが知っているのです。また、芸能界は、文字どおり芸の世界ですから、その方に才能があって健康ならば、死ぬまで仕事ができます。

 ただこんな説明をしても、“わが子をこの手に抱きたい“と思っている40代後半、50代、60代の男性の気持ちを覆すことはできません。ふみおさんも然りでした。

 婚活をスタートさせると、30代前半の女性に40件近くの申し込みをかけました。しかし、女性側からは“辞退“の返事が次々に届きました。

 そんな中で、42歳のさえこさん(仮名)と43歳のひろみさん(仮名)からお申し込みが来ました。女性から申し込みが来るのは、うれしいものです。ふみおさんが希望している年齢よりも少し上でしたが、この2つのお申し込みは受けて、お見合いをすることになったのです

「日程ですが、さえこさんは、○月×日の13時に渋谷でお願いします。ひろみさんは、そのあと、同じく渋谷で15時にお願いします」

 お見合いが成立すると、そんな連絡を入れて来ました。結婚相談所では、日程調整は、相談室間ですることになっています。そのときは、候補日は、3つくらい出すのが通例です。私は、ふみおさんに言いました。

「お相手にも都合があります。こちらが一方的に日時と場所を指定しても、それがとおる訳ではありませんよ」

 恋愛経験のない男性は、婚活を自分の都合で進めがちです。ことに50代、60代の男性は、自分たちが育ってきた時代背景から、結婚は男がお金を出すもの。だから男が上。女はそれに従う、と考えているようなところがあります。高収入の男性なら、なおさらそうした考え方を根強く持っています。

 これでは、婚活はうまくいきません。結局お互いの希望日を擦り合わせてお見合いをしたのですが、お見合いを終えた2人の女性からは、“お断り”がきました。それを伝えると、ふみおさんは、言いました。

「ホテルのラウンジでの1500円のコーヒー、その後にホテルに入っていたレストランで、4000円近いランチをご馳走したんですけどねぇ」

 お茶やご飯をご馳走すれば、お見合いで交際希望がくるわけではありません。