働き盛りでがんになる――。あなたは想像したことがあるだろうか。国立がん研究センターの統計によると、2016年にがんと診断された約100万人中、20歳から64歳の就労世代は約26万人。全体の約3割だ。

 だが、治療しながら働く人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上でどんな悩みがあり、どう対処しているのか。自分や家族、友人ががんになった際に一連の情報は役に立つはずだ。がん経験者が運営する、一般社団法人がんと働く応援団の協力を得て取材した。

 小杉英朗(32)さんは、がんの摘出手術を2度経験したが、発症前よりも笑顔が増えたという。その理由をたどりたい。

「お子さんはいますか?」

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 2018年、小杉さんは29歳で精巣がんと診断された。精巣とは左右の睾丸(こうがん)のこと。20代から40代に多いと言われるがんだ。

 このときは左の精巣がんで摘出手術を受けた。術後にステージ1で進行するタイプではないとわかり、抗がん剤治療もいらなかった。

「爆笑問題の田中裕二さんや、ネプチューンの堀内健さんも同じがんで、お2人とも切除後に仕事に復帰していらっしゃるので、私も早期発見だし、大丈夫かなと思いました」(小杉さん)

 アフラック生命保険という、がん保険で創業した会社で働いていたこともプラスに働いた。2人に1人ががんになり、早期発見なら治る確率が高いことは知っていたからだ。担当医からも精巣がんは治りやすく、抗がん剤も効きやすいと言われた。

 ところが、2019年に右の精巣を触ると、前年と同じコリコリした固さがあった。痛みも少し出てきた頃に、右も精巣がんと診断された。

「お子さんはいますか?」

 担当医は小杉さんにそう尋ねてきた。左の精巣は摘出済みで、右も摘出するとなれば、自分の精子での妊娠は望めない。実は、小杉さんは2回目のがんがわかる前から不妊治療を始めていた。