ダチョウ倶楽部・上島竜兵さん(享年61)の突然の訃報に、多くの芸能人がショックを受けた。

多くの芸能人が別れを惜しむ中、有吉の胸中は

 長年、トリオを組んできた肥後克広(59)、寺門ジモン(59)はもとより、ダウンタウンの松本人志(58)は「今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました。同世代の仲間やからね……」とコメント。出川哲朗(58)も「まだまだ竜さんとケンカしてチュ~したかったです」と定番のネタに触れて別れを惜しんだ。

 そんななか、大きな関心を集めたのが有吉弘行(47)だ。故人とは同じ事務所の先輩後輩としてだけでなく、深い縁につながれてきた。猿岩石時代にアイドル的なブレイクを果たしたあと、一発屋としてくすぶっていた有吉を芸人として高く評価し、励まし続けていたのが上島さんだったからだ。

 2014年には有吉が『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)でこんな思い出を告白。ふたりで飲んでいたとき、上島さんが「俺はおまえのことが好きだ。それなのになんで仕事がないんだ?」と号泣、有吉も号泣したという。当時の胸中について「相当鬱屈していたのが解放されてね、唯一『愛情』を感じた」と、有吉は明かした。

 また《涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ。と決めている》(ツイッター)という言葉も。一方、上島さんからは「俺の葬式の時には、俺の顔に熱湯をブッかけてくれよ!」と言われたそうで、

《中々ハードな注文だ。かける方の世間体もあるし。。。でも、まあ世話になったし、やってみるか。。。(もちろん上島さんは存命中です。。。)》(ツイッター)

 と、語っている。ただ、今回、有吉が注目されたのは、仲がよかったからというだけではない。芸能界有数の大物になったからだ。その存在感はかつて『スーパーJOCKEY』や『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(ともに日本テレビ系)で、ダチョウ倶楽部のリアクション芸を開花させたビートたけし(75)にも通じるものがある。