ノンフィクションライター・大塚玲子さんが教師たちの本音に迫る『先生のホンネ』シリーズ。今回はのテーマは「運動会」。最近の運動会は“見栄え”重視!? 先生たちは運動会にどんな思いを寄せているのでしょうか。

* * *

 運動会の季節です。昔は「運動会」は秋が定番でしたが、最近はこの時期、5月に開催する学校が多くなりました。コロナ禍で規模が縮小されているものの、今の時期はやはり、練習や準備のたけなわでしょう。

 みんな子どものときに経験しているおなじみの学校行事ですが、最近の運動会は、昔とはいろいろ異なる面もあるようです。先生たちは、運動会の練習のためにかなりの時間を割いているのだとか。

 今回のテーマは「先生から見た運動会のウラ事情」。今の運動会はどんなもので、先生たちはどんな準備をしているのか? 6名の先生たちに聞かせてもらいました。

運動会は「9割ダンス」の声も

 いま、運動会のどんなところに手がかかってますか? と尋ねたところ、ほぼすべての先生が口を揃えて「ダンスの練習や準備」をあげました。「運動会は9割ダンス」と言いきった先生もいます。

 さっそく驚きました。運動会というと、徒競走やリレーなどの「かけっこ」がメインで、ソーラン節やダンスなどの「踊り」はおまけのようなイメージを筆者はもっていたのですが、ここから既に古かったようです。

 ダンスの担当をした先生によると、準備はこんな感じで進めるのだとか。

「まずは自分で振り付けや曲を考えて、覚える。次に学年の先生たちにそれを教えて、みんなで踊って覚える。そして『(子どもたちが)いつまでにどこまでを覚える』といった細かい指導計画を立てます。5月の末に運動会があるときは、ゴールデンウィークの間中、ずっとダンスのことを考えています(笑)」(千葉県 公立小学校O先生 40 代)

 さらに、振り付けに合わせて曲を切ったりつないだり、パソコンソフトで音楽を編集する作業もあるのだそう。「最後が盛り上がるようにする」など、工夫やセンスが求められる作業なので、担当の先生は手を抜けないようです。

 振り付けや曲が決まったら、次は子どもたちにダンスを覚えてもらいます。

「ダンスをタブレットで撮影して、それをみんなに休み時間に見せて、覚えてもらったりしています」(神奈川県 公立小学校N先生 50代)

「空き時間はすべてダンスの練習にあて、給食の時間にはダンスの音楽を流して、宿題でダンスを覚えてきてもらうこともあります」(神奈川県 小学校U先生 30代)

 なかなか大変そうです……。もうちょっと簡単なダンスにしてもいいのでは? と思いますが、さらなる難易度を要求する意外な“外野”もいるようです。

「1年生のダンスは、幼稚園の先生から『簡単すぎる』と言われることがあります。『幼稚園のときはあんなに難しいダンスをやらせていたのに……』と残念に思われるみたいです。『今年は言われないように』と奮起して、難易度をあげた年もありました(笑)」(千葉県 公立小学校K先生 30代)

 なんと、運動会のダンスにそんな要望もあるとは……。そんなことを言われたら悔しくて、つい頑張ってしまう先生たちの気持ちもわかりますが、「いいよ、気にしなくて!」と言いたくもなります。

「組体操」でもダンスの要素が増えた、という声もありました。最近はコロナ禍で組体操をやめた学校が多いですが、7、8年前から組体操による事故や怪我の多さが知られるようになり、危険度が高いピラミッドなどのワザをやめ、代わりに隊列変更などダンス的な要素で見せ場をつくる傾向があったのだとか。それはそれで難易度が上がり、練習時間が増えていたようです。