松嶋屋の歌舞伎俳優・片岡愛之助のブログで6月5日、関西大学の客員教授に就任したと発表された。

 愛之助のスタッフからの発表で、「今年大学昇格100年を迎える関西大学より、上方文化への愛着と振興を願う思いは同じ、ということでお声がけいただきまして、今回の就任となりました」と説明されている。

「團十郎」襲名に否定的な意見も

 歌舞伎俳優といえば、5月31日には成田屋・市川海老蔵の「市川團十郎」の13代目襲名が正式に発表されたばかり。歌舞伎界にとっても明るい話題が続いているが、「世間では、海老蔵と愛之助の人気差が徐々に広がっていた」(スポーツ紙記者)という。

 海老蔵は2010年3月にフリーアナウンサー・小林麻央さんと、愛之助も16年3月に女優・藤原紀香と結婚したが、彼らはそれぞれ独身時代、異性関係のスキャンダルを報じられていた。海老蔵は03年、女性歌手との間に非嫡出子がいたことが発覚。愛之助もまた、11年に元ホステスとの間に隠し子がいたことが明らかにされている。

「そのほか海老蔵は、麻央さんと結婚後の10年11月に都内の飲食店で暴行事件に巻き込まれ、顔面整復手術が必要なほどの大怪我を負いました。この事件により、海老蔵は無期限の歌舞伎出演自粛処分となり、出演番組やCMの放送も中止に。なお、この間に歌舞伎の舞台で海老蔵の代役を務め、知名度を上げたのが愛之助というのも今思えば奇縁でした」(同・前)

 海老蔵はその後、11年7月に舞台復帰。同月中に麻央さんとの第1子・麗禾ちゃんが生まれ、13年3月には第2子・勸玄くんも誕生。麻央さんは17年6月に乳がんのため死去したが、以降、海老蔵自身がブログなどで発信する内容から“愛妻家”だったイメージや、“イクメン”の印象が浸透していたとみられる。

 しかし、最近は麻央さんの実姉で、今年5月21日に小林麻耶からの改名を発表した國光真耶や、その夫・國光吟氏から“裏の顔”を暴露されるという騒動が勃発。また、3月24日発売の「女性セブン」(小学館)は、コロナ禍におけるまん延防止等重点措置適用期間中、海老蔵が“自粛破り”して女性と飲食店デートをしていたことや、SNSを通じてのナンパ行為、女性との多重交際、“パパ活”疑惑まで報じていた。

 そんな海老蔵が、今年11月に團十郎を襲名することとなったものの、ネット上では「彼の人間性は、團十郎に相応しいと思えない」「ここまで胡散臭い團十郎、かつていたの?」など、否定的に捉える者も少なくない。