《百万石まつりを楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございませんでした》

 6月12日、自身のツイッターで謝罪の意を示したのは、女優の栗山千明。彼女が参加した『第71回金沢百万石まつり』で起こったトラブルとは――。

「コロナ禍の影響で、今年は3年ぶりの開催でした。お祭りの目玉は、6月4日に行なわれた『百万石行列』。著名人が前田利家公とその正室、お松の方に扮し、金沢の街を練り歩くというもので、34万人もの観客が詰めかけました。今回は利家公を竹中直人さん、お松の方を栗山千明さんが演じましたが、対応に不満の声が上がっていて……」(スポーツ紙記者)

栗山サイドが“撮影禁止令”を要求

 過去には松平健と斉藤慶子、近年では加藤晴彦と藤本美貴など、さまざまなキャストが演じてきた“利家とまつ”。いったい、何が起きたのか。

お祭りでは、利家公やお松の方などを撮影するのが観客の楽しみにもなっていたんですが、今年は写真や動画撮影の自粛が呼びかけられたんです。例年は実行委員会によって“写真コンテスト”も開かれていましたが、今年は中止。これらの旨がお祭りの直前に通達されたことにも、批判が集まっています」(同・スポーツ紙記者)

 SNS上には《撮影禁止って正直興ざめする》《メインイベントなのに残念》など厳しい声が寄せられている。実行委員会は竹中と栗山両名の《肖像権保護》を理由としているが、『週刊女性』は、祭りの開催前からある情報を入手していた。

「実は、栗山さん側が、出演の条件として観客による撮影の禁止を求めているそうなんです。守られないなら、出演しないとまで主張しているようで……」(地元マスコミ関係者)

 なんと、栗山サイドが“撮影禁止令”を要求しているのだという。情報をもとに、祭りの運営に携わる関係者にさらに詳しい話を聞くと、要求はそれだけではないとのこと。

「撮影が禁止となれば、当然写真コンテストも中止となりますが、加えて栗山さん側は“SNSで肖像がアップされた場合、24時間以内に削除要請をする”“24時間以内に削除要請をしなかった場合、1件につき100万円を要求する”という、とんでもない条件をお祭りの運営側に提示したというのです」