坂口杏里(31)が結婚した。

 6月8日に自身のインスタグラムで《先程入籍しました》と発表。《お互い31歳》だとして《幸せな結婚生活を、お送りしていきたい毎日です!》と語った。

坂口杏里が一般人と結婚

 相手は元女性の格闘家で、彼女は《一般人の、おなべです!》《私は偏見もなくとにかく愛してくれる大切な方です!》とも付け加えている。

 杏里といえば、2013年に57歳で亡くなった女優・坂口良子の娘。デビュー当初は2世タレントとして注目されたが、母の死の翌年には、バイきんぐ・小峠英二(46)との交際で話題になった

「“コトゥーゲ”とか、あと坊主頭なので“ハゲちゃびん”とか呼んでいます(笑)」

 などとノロケていたものだ。

 ただ、小峠と別れたあたりから、その人生に暗雲が。ホスト通いにハマり「絶対に手をつけない」と言っていた母の数千万円もの遺産も使い尽くしてしまった。

 さらに借金まで背負い込み、その返済のため、セクシービデオに出演することに。デビュー作のタイトルは『What a day!!』だ。元カレ・小峠の持ちギャグ「なんて日だ!」の英訳である。

 と、このあたりまではまだ洒落っ気も感じさせたが、'17年に交際していたホスト男性への恐喝未遂で逮捕されてしまう。3万円の借金を断られ、ホテルでの写真をバラまくとして脅し取ろうとしたのだ。

 その後、キャバクラ嬢として高級店のナンバーワンになったこともあるが、'19年には、前出・男性の自宅マンションへの住居侵入でまた逮捕されてしまった。

 こうした彼女の生き方は、苦労知らずのお嬢さんが迷走してるみたいに語られがちだ。が、実情はちょっと違う。特に幼少期の彼女には、同情したくなるようなつらさも見受けられるからだ。