現代のシャンプー&コンディショナーは、ボトルデザインはシンプル系、ツヤや潤いといった機能性、自然環境に配慮した製品が注目されている。

 いっぽう'80年代、'90年代は空前の朝シャンブーム。日本石鹸洗剤工業会によると、1989年の「洗髪行動に関する調査」では、若い女性のうち、朝に髪を洗う「朝シャン」をする割合が59%に上り、香りのよいシャンプーが人気を集めた。

朝シャンブームを受けて、'80年代、'90年代には個性豊かな楽しいシャンプーがあふれていました。パステルカラーにポップな書体、青リンゴやレモンなどフルーツの香り……'80年代に小学校高学年だった私は、思い出すたびキュンキュンします!」と語るのは昭和レトロの世界をイラストとともに発信するトロッコさん

 '80年代、'90年代に発売され、愛用したシャンプーの中には少数ではあるものの今でも販売されている商品もあるが……。

「中身は変わり、ボトルも昭和の面影はなく寂しいです」

 と話すトロッコさんに、今も使いたい、懐かしのシャンプーについて聞いてみた。

あのころのシャンプーを振り返る

「1984年にライオンから発売された『フルーツシャワー』は本当にもう一度使いたいです。色鮮やかなシャンプーの中に、いい香りのつぶつぶが入っていて、使い心地も楽しく、小学生だった私も見事に子ども心をつかまれて。髪を洗うだけでは飽き足らず、つぶつぶを湯船に浮かべて入浴剤代わりにも(笑)。ロゴもかわいくすべてが最高!」(トロッコさん、以下同)

バリエーションが豊富だった『フルーツシャワー』

『フルーツシャワー』とほぼ同時期に発売された花王『ピュアシャンプー』もカラフルなボトルが鮮烈だった。

「ピンクやパープルなどのボトルで、今までのシャンプーにない色み。当時、松田聖子さんが「ピュアピュアリップ♪」と歌う『Rock'n Rouge』という曲も流行し、当時の女子たちは『ピュア』を目指してこのシャンプーを使ったのではないでしょうか」

さらっとタイプとしっとりタイプの2種があった『ピュアシャンプー』

 CMの印象が鮮烈だったのはユニリーバの『ティモテ』。北欧の自然をバックに、サラサラのブロンドヘアをなびかせる女性のCMが話題に。1975年にスウェーデンで誕生し、日本には1985年に上陸。

特徴的なCMソングをいまだに覚えている人も多い『ティモテ』

『ティモテ〜ティモテ〜♪』というCMソングを覚えている方も多いのでは

 一般的なヘアケア製品よりやや高めの価格設定だったが、CM効果もあり、人気を集めた。