夏の暑い日に欠かせないそうめん。時間がたつと固まってしまう、そうめんの対処法をご紹介。また必需品、エアコンの節電裏ワザも必見! 知って楽しい、おもしろ雑学をお届け!

Q. そうめんは時間がたつとくっつきがち。どうすればいいの?

A. ゆでるときに梅干しやお酢を入れるとくっつきにくくなります。(小豆島手延素麺協同組合 理事長 伊藤雄二さん)

 夏にピッタリなそうめん。簡単でおいしいから、ついつい一度にゆですぎてしまうことも。ただ、冷蔵庫に入れておくと、くっついてひとつに固まってしまう。これはどうしてなのだろう。

 小豆島手延素麺協同組合の伊藤雄二さんによると、「そうめんをお湯で熱すると、そうめんに含まれているデンプンが溶け出し、ぬめりが出ます。このぬめりによって麺どうしがくっつきやすくなり、その状態で時間がたつと、ひとかたまりに固まってしまうのです」とのこと。

 では、時間がたってそうめんがくっつくのは避けられないのか。

「いいえ、そうめんをゆでるときに梅干しや、水1Lに対して小さじ2杯のお酢を入れるとくっつきは解消できます」(伊藤さん、以下同)

 梅干しや酢に含まれる酸が、デンプンを分解するのだそう。ちなみにゆでた梅干しはめんつゆに入れて食べてもOKだ。このほかに、ぐらぐらとゆでないという方法(※)もある。

「お湯を沸かしてそうめんを入れたら、すぐに火を止めます。その状態で5分放置したあとに普段と同じように水でよく洗うと、時間がたってもサラサラしたままのそうめんになります」

 高温を与えるとデンプンが溶け出すので、熱を必要最低限にすれば溶け出すデンプンも少なくなり、くっつきにくくなるということ。

 まだまだ暑くなりそうなこの夏。そうめんを作るときはぜひ試してみてほしい。

※なお、この作り方は「田舎そば川原」の川原恵美子さんが考案したもの。