“恋愛と結婚は、違う“とは、よく言われることです。何が違うのか? 恋愛は、当人同士が愛情を感じて付き合うこと。結婚は、恋愛感情を抱いている2人が婚姻届を出すことによって、法律で定められた夫婦になること。同時に、婚姻届を出すことによって、双方の親、兄弟、親戚が紐づくのです。

 ライターをしながら婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにしている婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えて行く連載。好きになった相手の親、兄弟姉妹、親戚に何か問題があったときに、結婚を決断できるか否か。それを一緒に考えていきましょう。

妹さん家族が実家にパラサイト

 えみさん(36歳、仮名)は、結婚相談所主催の婚活パーティでまさたかさん(36歳、仮名)とマッチングしました。まさたかさんは、同い歳で、見た目もえみさんのタイプ。マッチング後に、サイトのプロフィールを確認すると、年収が900万円を越えていました。

 これまでお見合いを申し込んでくるのは、10歳近く年が離れた男性が多く、中には50代、60代からのお申し込みもあり、「36歳だと、こんな年上からしか申し込みが来ないのかしら」と自信を喪失していました。そして、そんな年上男性たちとは、お見合いをする気持ちになれずにいました。

 そこで目先を変えて、パーティに参加したのです。すると、タイプの男性とマッチング。しかも、同い年で、高年収。“これは、なんとしてでも結婚までうまく進めていきたい“と思っていました。

 まさたかさんも、「自分が大学時代に好きだったアイドルに似ている」ということで、えみさんを気に入っている様子でした。

 お見合いは、プロフィールの条件が最初に提示されるので、同い年や年下男性とのカップリングが難しいのですが、パーティは見た目の印象から入ります。明るく、コミ力に自信のある人は、実力が発揮できる場所です。

 順調に交際をしていた2人ですが、あるときえみさんから、「相談があります」と連絡が入ってきました。面談ルームにやってきたえみさんが、こんなことを話してきたのです。

「まさたかさんは、一人暮らしですけど、妹さんは、ご実家でご両親と同居しているそうです。未婚なんですが、2歳になる子どもがいます。その子の父親は、妹さんより20歳くらい年上で、自称自営業のようなんですが、どんな仕事をしているか、まさたかさんもご存じないようです」

 そこで、私は言いました。

「妹さんとまさたかさんは、違う人格なんだし、えみさんとまさたかさんの結婚には、関係ないんじゃない?」

 私の言葉に、えみさは、顔を曇らせて続けました。

「その男性も、まさたかさんのご実家で暮らしている、居候状態。しかも、子どもの認知もしていない。家賃も払わず、食費や雑費は、まさたかさんのお父様が負担しているそうです。

 いっとき実家に同居して親に依存するパラサイトシングルが話題になりましたが、妹さんは子どもとパートナーの男性とパラサイトしているんです。親は先立つものですし、もしもご両親がいなくなったら、今度は、まさたかさんのお金をあてにしてくるんじゃないかと思うんですよ」

 えみさんが心配する気持ちは、わかります。そして、こう続けました。

「なんだかトントン拍子に進んできたのに、結婚が見えてきたら、とんでもない障害が出てきました」

 それからいろいろと悩んだようですが、まさたかさんの言葉で、えみさんは結婚を決めました。

「僕は、一生真面目に働くし、親のお金も財産もあてにしていないよ。妹家族が親の貯金や年金を食い潰しても、僕は関知しない。実家のことでえみちゃんにお金の苦労をかけるようなことはしない。それは、僕が阻止をするよ」

 未来に何が起こるかはわからないけれど、2人がしっかりしていれば、乗り越えられる。えみさんは、そう思ったようです。