7月21日にCDデビュー25周年を迎える、堂本剛と堂本光一によるジャニーズの人気デュオ『Kinki Kids』。先輩・SMAPが迎えることができなかった“25周年の壁”を乗り越えたことで、30周年に向けてますますの活躍が期待される。

 そんな折にスタートしたのが、7月16日、17日に大阪・京セラドーム公演を終えた、コンサートツアー『24451〜君と僕の声』。当然ながら8月6日、7日の東京ドーム公演もチケットは完売。ファンは開催を待ち焦がれていることだろう。

 記念すべき周年コンサートだけに、さぞドーム内のボルテージは上がりっぱなし……と思いきや、大阪会場に足を運んだというレコード会社関係者によると、

「いや、驚きました。長らく他グループのコンサートも見てきましたが、本当にジャニーズコンサート?と思うくらいで(笑)。何がというと、来場ファンの鑑賞マナーの良さですよ」

 コロナ禍で開催中止・延期を余儀なくされ、ようやく再開できたコンサートやイベントにおいて、各主催者が政府等が定めた感染防止対策のガイドラインに沿って運営している。それはジャニーズでも例外ではない。

飛沫防止のためにも“大きな声を出さない”も今や常識ですが、ようやく会えた推しグループを前にすると思わず声を上げてしまうもの。実際、再開されたコンサートの中には終始、歓声に包まれ続けた若手グループもいましたから。

 でも、今回のキンキでは、ほぼ全てのファンが着席したままで、歓声を上げることなく2人のステージを黙々と見守っていたのです。あんなに静かな“フロート”は初めて見ました(笑)」(前出・レコード会社関係者)

銀テープは「ファンの争いを生む」

 “フロート”とは、アリーナ席とスタンドの間などに設けられた外周道を回るパレードで使うフロート車のことで、アイドルが目の前の高さにきて歌うこともあり、特にスタンド席から声がかけられる演出だ。

 さらには度々、ファンを分断していた“銀テ”問題にも変化が。

オリジナルロゴが入ったきらびやかな銀テープを飛ばすと映えるんですが、記念品として持ち帰りたいファンが、自分の席を離れても取りに向かう争奪戦になることもしばしば。かつて剛も“争いを生む”として、銀テ演出を取り止めることもありました。

 今回は“ゴミになるから持って帰ってね”と、相変わらずの光一節でしたが、ファンの節度ある対応に満足げな表情。ようやく“躾(しつけ)”が行き届いたか、とでもいったところでしょうか(笑)」(同・レコード会社関係者)