「男同士は本来無関心なものだが、女は生まれつき敵同士である」

女同士のマウンティング

 ドイツの哲学者ショーペン・ハウエルの言葉だ。しかし、当然ながら男も敵同士になるが、女性はより顕著なのだろうか。“女性による女性への”マウンティングを研究した論文が注目を集めている。

「私自身、なんとなく相手の発言にイラッとしたり、“これって褒めてくれているのかな?”と首をかしげるような、モヤッとした出来事がありました。例えば“今日もしっかりメイクしてるね”という言葉などです。

 褒められていると思う部分ももちろんありますが、もしかしてメイクが濃い・派手といったネガティブなことを言いたいのかなと勘ぐってしまう部分も……」

 そう話すのは、論文を執筆したお茶の水女子大学大学院で学ぶ森裕子さん。

「周りにこの話をすると、共感する人もいれば、他意はないと感じる人もいた。私が感じたこのモヤモヤに対して『マウンティング』という言葉があるのを見つけ、研究を始めました」(森さん、以下同)

 マウンティング。相手よりも立場が上であることを示す行為や振る舞い。森さんは、書籍やドラマなどからマウンティングに該当するエピソードを収集。

 具体的には、女性同士の争いが大きなテーマだったドラマ『ファースト・クラス』『大奥』(共にフジテレビ系)、多数の女性が1人の男性を奪い合う恋愛リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライムビデオ)など。その例を紹介する。文末の( )内は森さんが論文で定義した“概念”名だ。

森さんがマウンティングの例を調査した『バチェラー・ジャパン』(Amazonより)

(1)飲み会でいつもとは違う服装をしている女性に→「今日は気合入ってますね〜」(貞淑さの誇示)
(2)産後すぐ仕事復帰した女性に→「子どもが3歳まではそばにいたほうがいい」(同)
(3)独身の友人に→「○○さん独身だから、イケメンを紹介するよ〜」(既婚の安定)
(4)誘いを断る際に→「夫が家にいてほしいって言うんだよね」(夫・彼氏の存在)
(5)恋愛の悩みを相談する女性に→「子どもを育ててると毎日が忙しくて、ちっちゃなことで悩んでるヒマはないかな〜」(子どもの存在)
(6)年下女性に→「あなたたち、キャーキャーしてられるのも今のうちよ」(年の功)
(7)主婦に→「主婦なんて中卒でもなれる」(学歴)
(8)非正規雇用の女性に→「いいな、頑張りが報われる人は。正社員はいくら頑張っても、お給料が変わらないんですよ」(キャリア)
(9)子どものお迎えを親に頼んだ友人に→「やっぱり実家近いの超得だよね〜」(苦労)
(10)地元に帰省した際に→「こんなオシャレな店ができたんだね」と感心したように言う(居住地)
(11)テレビドラマがおもしろかった話をした友人に→「テレビを見る時間に意味を見いだせない」(趣味・教養)
(12)友人のメイクや服装に対し→「素材はいいのにもったいない!」(ファッションセンス)
(13)友人のメイクや服装に対し→「かわいい系のオシャレをしたほうがモテる」(同)
(14)すっぴんの女性が→「みんなメイク盛ってるね〜!」(美しさ)
(15)アラサー女性に→「30過ぎての婚活はイタい」(若さ)
(16)ママ友などに→「私の旦那のほうが稼ぎがあるし」と誇る(男のセンス)