「本当に濃密な2人芝居。それを、目の肥えたお客さんが集まるシアタートラムでやらせていただけるのは本当に光栄です。役者としてはすごくハードルが高いのですが、それに挑戦できる機会をいただけたことは少し認めてもらえたような気もしていて。演劇をやってきてよかったなと思いました」

舞台では精神性のエロスを表現

 8月20日、東京・シアタートラムにて『毛皮のヴィーナス』の幕が上がる。同作は“マゾヒズム”の語源にもなったL・ザッヘル=マゾッホの自伝的小説に着想を得た舞台となっている。

溝端淳平 撮影/佐藤靖彦

「複雑なストーリーが、すごく緻密に計算されてできていて。2人芝居で、密室劇で、会話劇。セリフを入れる作業だったり、どう演技するかを考えるたびに、日に日にひるんでいます(笑)」

 溝端が演じるのは演出家・トーマス。自らが脚色した戯曲『毛皮のヴィーナス』のオーディションに遅刻して来た女優・ヴァンダ(高岡早紀)はまったくのイメージ違い。しかし押し切られる形で読み合わせを始めると、その魅力にみるみる支配されていき……。

「肉体が触れ合って起きるような直接的なエロスではなく、精神性のエロス。主導権を握られているように見えたものが、実は握っていたり。それが二転三転、見え方がどんどん変わっていく。

 何がエロスで、何がサディズムでマゾヒズムなのか、どんどん複雑化していく。最初は相手にしていなかったヴァンダに、トーマスの深層心理が丸裸にされ、解放されていくさまはすごく面白い。やっぱり振り幅のある役、ブレる役はやっていて楽しいんですよね」

 ぶっちゃけSとM、どっち?

「この作品でいうと、どちらがマウントを取るかだけではない、深いものがあって。哲学的なものを感じます。え、作品じゃなく?わかんないなぁ(笑)。

 以前先輩と仕事をご一緒したときに“溝端くん、絶対Sだよね。みんなにやさしい人間はだいたいドSなんだよ”と言われたことはあります(笑)。ドSかはさておき、ドッキリなんかはかけられる側はすごく嫌だけど、かける側はめっちゃ楽しいですね(笑)」