「墨の調整はどうするのですか?」

 7月31日から8月4日にかけて都内で行われた『全国高等学校総合文化祭』。
高校生活で初の夏休みを迎えられた悠仁さまは、秋篠宮ご夫妻とともに書道展をご覧になり、案内人を務めた女子高生にそう尋ねられた。

悠仁さまが「すごい!」と驚かれた作品

「“総文(そうぶん)”とも呼ばれるこの行事は“文化部のインターハイ”とも言われています。開催地は各都道府県の持ち回り。46回目となる今回は東京で行われました。秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、3日間かけて複数の会場を巡り、出場した高校生たちによる展示やパフォーマンスを鑑賞されました」(皇室担当記者)

 '07年以来、『総文』に毎年出席されている秋篠宮ご夫妻。過去には眞子さんや佳子さまも同行された。

「おふたりとも、それぞれ高校3年間“皆勤賞”で出席し、ご卒業後にも姉妹で代わる代わる足を運ばれています。秋篠宮家にとっては“通過儀礼”ともいうべき思い入れの強い行事なのです」(同・前)

 悠仁さまは'20年、コロナ禍の影響で特例的にオンライン開催となった同行事を、ご両親とともにお住まいから視聴されたものの、実際に会場を訪れるのは今回が初めて。

「47回目となる来年で、開催地は“都道府県を一周”することになります。悠仁さまの高校進学と東京開催が重なったのは、ちょうどよいタイミングでした。各会場は秋篠宮邸からのアクセスがよく、限りある日程でより多くの展示を確実に鑑賞できましたし、記憶と記録に残る“地元開催”になったとお見受けします」(皇室ジャーナリスト)

 悠仁さまが対面での公務をされるのは'19年12月ぶり。

「初日は、開会式の後に東京駅前で行われたパレードをご視察。マーチングバンドなどにお手振りされました。翌々日には『小倉百人一首かるた』のトーナメントをご覧になった後、芸術作品をご鑑賞。

 角度によって見え方が変わる美術作品をご覧になった悠仁さまは“すごい!”と驚かれたそうです。最終日はバンドの演奏や合唱を楽しまれ、同年代の活躍に心を動かされたご様子でした」(同・前)