それは2012年8月にあやなんがつぶやいた、

《峯岸とともーみを混ぜた顔って言われた》

 という投稿のスレッドで交わされたやりとり。峯岸と同じく元AKBの河西智美と似ていると発信した彼女に対し、別のユーザーからリプライが飛ぶと、それに対してこう返していたのだ。

峯岸はただのぶすじゃん!(笑)》 

 この10年前のツイートが拡散されると、あやなんは投稿を削除。プチ炎上を受けてか今回の結婚に寄せた祝福のツイートも削除してしまっている。

東海オンエアのなかでは“面倒な人”

 あやなんとしばゆーは2016年に入籍、2人の子宝に恵まれており、YouTuber夫婦の先駆け的存在となったが、そのきっかけを作ったのは他でもない、てつやだった。

しばゆーとあやなん夫婦(あやなんのインスタグラムより)
【写真】あやなんが東海オンエアの面々に“ケンカを売った”物議をかもしたツイート内容

「あやなんさんは元々『ツイキャス』というライブ配信ツールで有名になり、“ツイキャスの女王”と呼ばれるほどの人気を誇っていました。てつやさんはそんな彼女のファンでオフ会に参加するほどの熱の入れようだったといいます。彼がその才能をみて“YouTubeをやらないか”と彼女に勧めたそうです。その後、東海オンエアとの交流するようになり、しばゆーさんと出会う。初対面からわずか1ヶ月後に交際に至った」(YouTube事務所関係者)

 東海オンエアの動画にも出演するなど、良好な関係を築いていたかにみえたたが、次第に“確執”めいたものが生まれていったという。

「5人の同級生とひとつ年上のバイト仲間で構成されている東海のメンバーは撮影外でも大の仲良し。プライベートで起こったことをLINEで報告しあうことを義務付けてそれを破れば罰金が課されるといった仲間内での“ノリ”があったのですが、そういったことについてあやなんさんが口出しをするようになったといいます。次第にメンバーの間では“ちょっと面倒な人”という位置づけになっていったそうです。現在は動画内でもあまりあやなんさんについて触れられることはありません」(同・YouTube事務所関係者)