短期連載(3)『女が離婚を決めた瞬間ーー』
自分には夫が、彼にも奥さんが…「不倫はいけない」とわかっていつつ“W不倫”という禁断の関係に踏み出してしまった女性。彼との再婚を支えに10年、家庭も仕事も失った彼女がすがるものとはーー。

 麻由美さん(仮名・49歳)が3歳年下の彼と出会ったのは、彼女がクッキング教室の講師だった10年前のことだ。彼はクッキング教室の設備に必要な物品を納入する営業マンだった。

「最初の出会いは事務所でした。特に強い印象はなかったんですが、翌月から平日の夜間の教室に生徒として参加してきたんです。彼の快活な性格が授業の雰囲気を明るくしてくれました」

 半年間の授業が終了後、ほかの生徒らと一緒に打ち上げに参加。彼と帰りの方向が一緒だったこともあり、麻由美さんはバーに誘われた。

2人きりで飲んでいるうちに、仕事やプライベートのことなどもざっくばらんに話してくれました。クッキング教室に通うようになったきっかけが、奥さんの料理がまずいからだと笑いながら言っていました

 今後はどんな講師を目指すのかと彼から質問された麻由美さん。実はクッキング教室の講師の職をいったん休止して、営業代行をしている夫の会社の仕事を手伝うと打ち明けると、「寂しいなあ」と彼がため息をついたという。

「その後、彼からワイン会のお誘いがあったんです。いつか料理講師に復職したいという思いもあったので、ディナー付きの会も勉強になると思って参加しました」

 一緒に参加しているうちに、ほかの参加者からカップルだと勘違いされた。否定しているうちに、心のどこかで「そうなったらいいな」と思うようになっていた。だがそのたびに、自分の気持ちを心の中で打ち消したという。

「地方赴任」を打ち明けられて

“不倫はいけない”と、ずっと心に刻まれていました。というのは親しい友人が不倫相手に夢中になって、つらい別れをしたからです。そのため彼に対する気持ちを抑えていました」

 そんな関係が続く中、その年の暮れに、何回目かのワイン会が終わってから彼に誘われたバーで「地方赴任が決まった」と打ち明けられた。

もう会えないのかなと思うとすごくショックでした。その気持ちを伝えると、“僕も”と言って、彼は私の手を握ってきたんです。思わず彼に対する気持ちがあふれてきて“私も”と答えると、私の手を握る彼の手がますます強くなって。そのままホテルに行きました