今年5月から森元首相の胸像を建立する募金活動がスタートしていた。森元首相といえば、女性蔑視発言により東京五輪組織委の会長を辞任。今度は東京五輪スポンサー企業との“蜜月”が明るみになったばかり。そんな“政治家”の似姿を後世に残す必要があるのか疑問視する声が続出。そこで18~70歳の有権者1000人に、緊急アンケートを実施!

 東京五輪のスポンサー選定で、金銭の授受が行われていたことが次々と明るみになっている。世界的なスポーツの祭典が、私利私欲によって汚されてしまった形だが、これにより“ある計画”に非難が殺到。

 その計画というのが、森喜朗元首相の胸像を建立するというもの。東京五輪組織委員会の元会長である橋本聖子議員ら15人が発起人となり、今年5月から胸像建立のための募金を募っていた

 森元首相は2021年に「女性のいる会議は時間がかかる」などの女性蔑視発言で東京五輪組織委員会の会長を辞任したが、今回の汚職事件にも関与していた疑いが浮上。そんな人の銅像なんて必要ない! でも、国民の気持ちとしては、もっと“いらない人”もいるのでは?

 そこで週刊女性は緊急アンケートを実施。全国の18~70歳の有権者1000人に『銅像として残したくない現役政治家』を選んでもらった。現役の国会議員であり、首相や大臣経験者である政治家25人を編集部が候補として挙げ、それ以外の政治家も選べるように自由記述の枠も設けた。

祖父のような偉大さも政治力もない

 1位は202票を獲得した麻生太郎。今年9月で82歳を迎える麻生元首相は、財務大臣としての在任期間が戦後最長を記録するなど、政治家としても稀有な存在。同時に、たびたび失言を繰り返すことでも知られている。

「長く政治家をしていることは知っているが、発言や行動を見ていると上から目線がとても気になるし、自己保身しかないように思える」(52歳・女性)、「あくどい顔をしていて怖い。それが銅像になって近くにあって毎日見るようになったらキツイ」(34歳・男性)、「祖父である吉田茂のような偉大さもなく政治力もない」(45歳・女性)