日本人初の3階級制覇王者でありながら、なにかとネガティブな方向で目立ってしまった亀田興毅さん(35)と、その家族。現在は、ボクサーたちに“最高”の舞台とファイトマネーを用意し、業界の“再興”と改革のために尽力している。そのモチベーションはどこからくるのか。世間で知られているイメージの斜め上を行く、本当の拳の強さとは──。

2つの願いが込められた「3150」

 8月14日、エディオンアリーナ大阪第1競技場で開催されたボクシングイベント「3150(サイコー)FIGHT vol.3」。その興行終了後のバックステージで、記者たちに向かって熱弁を振るう亀田興毅の姿があった。

「ここで誰かが動かないと衰退してしまう。ボクシングに恩返しがしたい」

 かつて世間を騒がせた悪童は、謙虚に、誠実に言葉を紡いでいく。現役時代と変わらない均整のとれた身体は健在だが、今はボクシングトランクスではなく、ネクタイとスーツに身を包む。元世界3階級制覇王者は、ボクシングイベントのファウンダー(設立者)となり、実業家としてセカンドキャリアを歩み出していた。

 ボクシングの興行は、日本ボクシングコミッション(以下、JBC)の規定により、過去3回の興行実績を作らなければ、正式にプロモーターライセンスを取得することは叶わない。これまで興毅は、プロモーターライセンスを持つ他ジムとの共催という形式で3回の興行を開催。この日は、晴れて単独で開催する、プロモーターデビュー戦でもあった。

「まだ赤字やけど、未来への先行投資。3年を目標にボクシングを変える」

「3150FIGHT」の3150には、2つの願いが込められているという。ボクシングを“再興”し、“最高”の舞台にする──。

「3150FIGHTvol.3」のリング上で選手たちをたたえる。大盤振る舞いで無料で配布したパンフレットには、“ボクシング改革を始めます。「ボクシングの未来」をともに育てましょう”と書いてあった 

「ボクシングをやってなかったら、今の自分はないですからね。それだけです」。そう微笑(ほほえ)むが、彼以上に非難の的にさらされ、翻弄(ほんろう)された日本人ボクサーはいないだろう。

 日本ボクシング史にその名を残す亀田興毅は、いま日本ボクシング史そのものを変えるべく、挑戦者として再びリングへ戻ってきた。