とうとうこんな事件が起こったか──。

 2022年8月に発生した川崎市「パパ活狩り」事件を知った際の感想である。

 16歳の女子高生がパパ活相手をTwitterで募集し、それに応じた30歳の男性が川崎市内で17~19歳の少年ら5人に脅迫され、二百数十万円相当を脅し取られた事件だ。

川崎市「パパ活狩り」事件の詳細

 男性は22日の未明、車に女子高生を乗せて多摩区の公園「生田緑地」にいたところ、「俺の女に手を出しやがって」「警察に行くか100万円払うかどっちだ」などと少年らに脅迫され、車を奪われたうえ、グループの1人の自宅に軟禁されるなど、17時間も連れ回された。

 途中、ATMや消費者金融で現金を調達させられて百数十万円を奪われたほか、イヤホンなど十数万円相当の買い物までさせられたという。

生田緑地HPより(https://www.ikutaryokuti.jp/)

 朝日新聞の報道では、少年らは「パパ活を悪用して金品を巻き上げることを『パパ活狩り』と呼んでいた」とある。そんなネーミングをつけるあたり、今回はたまたま明るみになっただけで、余罪がある可能性も。

 女性を利用して男性を脅迫し金品を騙し取る犯罪は、美人局(つつもたせ)と呼ばれる。昔からある犯罪行為で、援助交際やパパ活においても散発的に起きていた。

 しかし、今回の事件の特徴は、被疑者が少年・少女であることや、軟禁したうえで二百数十万円相当も奪取するという凶悪性、そして、それらを「パパ活狩り」と呼ぶゲーム感覚にある。

 この事件の発生は、とうとうパパ活男性が不良グループの本格的なターゲットになったことを示すだろう。パパ活は、性的関係を持てば買春行為であり、家族や職場に知られるのをおそれ、黙って金品を払う男性も多い。特に未成年とのパパ活は児童買春罪で逮捕が確実なだけあって、脅迫行為の格好の餌食だ。