ジリジリと焼けつく日差しが肌を焼くなか、手に汗握る接戦が繰り広げられた夏の甲子園。高校球児たちが日本一を目指し、競い合う。

 誰もが真剣にグラウンドを見つめるなか、さりげなく取り出した“タバコ”を吸い始めた男性がいた。それは8月18日、九州学院(熊本)と聖光学院(福島)の一戦が行われている最中のことだった。

母校の校長宛てに謝罪の電話

「アルプススタンドで観戦中だった熊本県議の井手順雄氏が、加熱式タバコを吸っていたことが発覚したのです。そればかりか、禁止されている缶チューハイを持ち込み、飲酒していたことまで明らかになりました。球場は指定された喫煙所以外は禁煙。缶や瓶の持ち込みも禁止されています」(全国紙社会部記者)

 井手議員の母校である九州学院の夏の甲子園出場は、2015年以来、実に7年ぶり9回目。同校のOBである井手議員にとっては、さぞ喜ばしいことだったはずだが……。

 九州学院に話を聞くと、同校の事務局長は、

「井手議員の近くにいたチアダンス部の生徒が“加熱式タバコのニオイがする”と言うので、同行していたチアダンス部の顧問や本校の教員が注意した、と聞いています。報告では複数の教員が注意したということですから、少なくとも2回は本校の教師から注意を受けていたはずです」

 井手議員は9月12日、テレビ局などの取材に対して「1回、注意されただけ」などと述べ、飲酒も否定。それが一転、同日午後には飲酒を認めて謝罪したのだ。どうせバレない……そんな気持ちがあったのだろう。

「本校の同窓生ということですから、禁煙の場所で喫煙をしたという行為については大変残念に思っています。9月12日は振替休日で学校がお休みでしたから、13日の午前中に、井手議員から本校の校長宛てに謝罪の電話がありました。内容については私も聞いていませんが、大変反省されていたとのことでした」(九州学院の事務局長)