「去年の夏も今年の夏も、一家そろって駐車場で洗車していて、子どもは水浴びをしていた。仲のいい家族に見えたんですけどね……」

 容疑者の自宅アパート近くの住民は、事件を知って驚いていた。

 大阪府警枚方署は12日、同市の自営の配送業・平井凛太郎容疑者(24)を次女(当時2)にけがを負わせたとして、傷害の疑いで再逮捕した。

「去年12月、容疑者は次女の両足首を両手でつかんで逆さ吊りにして、左右に振り回し、テーブルに次女の顔面をぶつけた。歯茎が切れて歯がぐらつくなど、全治1か月の重傷でした」(全国紙社会部記者)

 平井容疑者は警察の取り調べに対して、

「夕食を食べずに言うことをきかず、こらしめてやろうと思った。(テーブルに)ぶつけてやろうとは思わなかった」

 と容疑を認めているという。

次女がエアガンで撃たれて内出血している

 そもそも、この件が明らかになったのは今年8月21日の夜、同居していた内縁の妻が、

「(次女が夫に)エアガンで撃たれて内出血している」

 と通報したことだった。警察が駆けつけると、次女は腹部にBB弾の跡が見られたため、平井容疑者を傷害の疑いで逮捕。すでに大阪地検にも起訴されている。

「その捜査の過程で、内縁の妻が“ふだんから頭などを叩くなどしているが、最も酷かったのが、去年12月の逆さ吊りでした”と証言。次女が口をけがしている姿は保育園も確認していて、さらには病院に行ったことも判明したため、再逮捕となったわけです」(捜査関係者)

 か弱い子どもに対して、これほど酷い虐待をする容疑者は、いったいどんな男なのだろうか。