値上げラッシュで多くの人が“節約しなくちゃ!!”と涙目になっている今日このごろ。ここまで何でも物価が上がるのならば、節約よりも金運アップが身のためでは!?

 そこで教えを請うたのが、“コワいほど当たる”とウワサの手相芸人、島田秀平。金運アップのコツを教えて!

「手相は変わるもの。金運が舞い込む相は自分で作ってしまいましょう! 手相は右が持って生まれた運、左が現在の運勢を表すので左手をチェックして」(島田、以下同)

 下の画像のように、くすり指あたりから出ているタテの線が金運線だ。

これが金運アップ手相だ

「この線は長ければ長いほどいい。宝くじ高額当せんを連発している岡山県の“宝くじ長者”上坂元祐さんなどは手首にまで達しています」

 と驚きの長さなのだ。逆に金運線が複数ある人や細い線がまわりに多い人は要注意! “多いほどいい”ワケではなく浪費家のサインなのだ。

手相の線は川のような流れを表していて、強くキレイな線が運も強いといわれます。金運線が何か所も切れていたり、途中に島(円形に囲まれた島の形のような線)が入っていると近いうちに流れをせき止めるトラブルがあるので、出費を控えましょう

 金運線の隣にある財運線は、運で生み出したお金を貯めて増やし、将来的に財を成せるかを占う線だ。

「まず手相が変わって、そこにお金がついてくると思います」

「ただ、財産のうちには人望や健康なども含まれています。ちっとも金銭的に恵まれないのに財運線がある人は友達が多いとか、長生きできるという意味かもしれません。昔は健康線という名前でした」

 お金も欲しいけど友達や身体も大事にしたいところ!

 ところで、長い金運線よりさらに最強の金運をもたらす珍しい手相もあるとか。

「金運線と財運線が運命線につながる覇王線。億万長者になれるといわれています。やっぱり目指すはコレ!」

 という島田の左手には覇王線がしっかりと!

なんと島田さんの手には覇王線が!!

「手相の仕事をやってからできた線です(笑)」