不敗神話が上書きされるか? 路上の伝説が神話になるか?

 9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント「超RIZIN」で行われた元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45)vs 朝倉未来(30)のエキシビションマッチは2ラウンド終了直前でメイウェザーのKO勝ちで幕を閉じた。

 朝倉もメイウェザーもお互いを讃える1戦となったが、試合直前に行われた花束贈呈者の行動に会場とネットが騒然した。

ごぼうの党・奥野卓志代表、試合直前の「花束落とし」で炎上

 SNSでは大健闘した朝倉に賞賛の声が上がる一方、ごぼうの党・奥野卓志代表の行動に波紋が広がっている。試合直前にリング上で行われた花束贈呈のセレモニーで、メイウェザーの目の前で花束をリングに投げ捨てたのだ。

 この行動にネット上では奥野氏の動画と共に「胸糞悪い」「日本の恥さらし」という声が挙がった。試合直後には格闘家・瓜田純士氏がYoutubeチャンネルで「花束の件ふざけるな!」という題で動画を更新し、奥野氏の行動に「朝倉、メイウェザー、国民に謝れ」「同じ日本人として恥ずかしい」と強く批判した。

【聞け!ごぼうの党 奥野】花束の件ふざけるな!と自身のYoutubeを更新(瓜田夫婦Youtubeチャンネルより)

ごぼうの党・奥野卓志は何者なのか

 自身を商売人と称する奥野氏はやり手の実業家である。

「彼は余分な角質を除去するというピーリングジェル、ヒマラヤ岩塩を使用しお肌をツヤツヤにするという入浴剤、喉の粘液をガードし、ウイルスの侵入を防ぐというのど飴などを販売する会社を経営してきました。のど飴は紗栄子、藤森慎吾、片岡愛之助などの芸能人がこぞってブログやtwitterで紹介していますね」(美容メーカー社員)

 ごぼうの党については、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、俳優の山田孝之、ONE OK ROCKボーカルのTaka、山下智久など名だたるタレント達が「若者たちが政治に目を向けさせる」「若者世代の見方」という視点に賛同して話題になった。朝倉未来はごぼうの党のスポーツアドバイザーに就任しており、元々奥野氏とは浅からぬ縁であった。

 奥野氏は今年7月朝倉のYouTubeサブチャンネルに出演し、動画内で「日本の給料が上がらないのは若者が選挙に行かないのが原因」など若者世代に「ごぼうの党」への投票を促した。

 これに対し朝倉も、若者世代の貧困を案じ、そんな若年層にフォーカスしている党ということを知って賛同したと応じた。

 今回の「花束投げ捨て」はある意味試合結果をしのぐ悪い意味で注目を集める結果となってしまった。420万円のデジタルチケットをオークション形式で落札し、メイウェザーへの花束贈呈の権利を得たという奥野氏。まさか朝倉と示し合わせて投げ捨てたわけではなかろうが、彼の理念に共鳴してきた朝倉の心中は気になるところだ。