10月12日(水)に新シーズンがスタートするドラマ『相棒』(テレビ朝日)。初代相棒だった亀山薫(寺脇康文)と右京(水谷豊)との“伝説のコンビ”復活が大きな話題となっているが、亀山の妻・美和子を演じる鈴木砂羽さん(50)にとっても、実に14年ぶりの『相棒』出演となる。

亀山の妻に起きた“異変”

 放送に先駆けて、鈴木さんは自身のインスタグラムで“夫=薫ちゃん”役の寺脇さんとのツーショット写真を公開。放送を心待ちにするファンから熱烈な歓迎を受けている。しかし、遡ること2か月前、ドラマへの出演を発表した際の投稿では、こんな気になる一文も……。

「近頃この不調気味の身体を整えなくては!と、撮影が始まるまでの期間、体調管理だけに全集中し、来たるべきクランクインに着々と備えてきました」

 いつでも明るい笑顔がトレードマークの鈴木さんに、一体、何があったのか? 

今年6月、手術でテニスボール大の子宮筋腫を摘出

「6月上旬に10日間ほど入院して、子宮筋腫の摘出と子宮の上部を切除する手術をしました。手術のあと、その取り出した筋腫を見せてもらったら、テニスボールくらいの大きさがあって、自分でもびっくり。こんなのが子宮のど真ん中にあったら、そりゃあ具合も悪くなるわ!って(笑)」(鈴木さん、以下同)

 子宮筋腫は、子宮の壁にできる良性の腫瘍のこと。30〜40代で多く発症し、月経時の経血の量が増えてめまいなど貧血の症状が出たり、月経痛、便秘、頻尿、腰痛などの原因となったりする病気だ。

'15年のドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)記者会見での鈴木砂羽さん(写真右)
'15年のドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)記者会見での鈴木砂羽さん(写真右)

 鈴木さんの場合は、特に症状があらわれやすい、子宮の内側に筋腫ができていた。それがわかったのは約10年前、40代に入ったころ。婦人科の定期検診でのことだったという。

「筋腫といっても、最初はとても小さかったし、普段の生活にも支障がなかったので、特に何もしなかったんです。ところが、検診にいくたびに、ちょっとずつ大きくなっていって、40代半ばには3.5センチくらいにまで育ってしまって。確かにその頃から、経血の量がすごく多くなってきて、ドロッとした塊が出たり……毎月、生理のたびにつらかったんです」