「10月14日、秋篠宮ご夫妻は東京都内で行われた全国犯罪被害者支援フォーラムに出席されました。8歳の時に路上で連れ去られ、性犯罪の被害にあった女性の講演に耳を傾ける紀子さまは、悲痛なご表情を浮かべていらっしゃいました」(皇室担当記者、以下同)

 このところ秋篠宮ご夫妻は、精力的に公務に取り組まれている。

秋篠宮家は過密スケジュール

「紀子さまは10月11日、おひとりで秋田県を訪れ、地域の子育て家庭や高齢者の見守りに取り組む愛育班の活動などをご視察。地元住民との交流を楽しまれました。翌日の12日には、国際高血圧学会の開会式へ出席するため、ご夫妻で京都府へお出ましに。

 秋篠宮さまが、英語でスピーチを披露されました。遠方でのご公務は増えていますが、新型コロナウイルスの感染対策の観点から、日帰りの“弾丸日程”でこなされています」

 10月下旬には、全国障害者スポーツ大会の開会式のためご夫妻で栃木県を訪問される。文字どおり国内を東奔西走。息つく暇もなさそうだ。

「次女の佳子さまも“公務ラッシュ”です。10月9日には、姉の眞子さんから引き継いだ『日本テニス協会』の名誉総裁として初めてテニスの試合をご観戦。翌日からは1泊2日で栃木県を訪れ、国体の閉会式に臨席されました」

 国民とともにある皇室を体現すべく、過密スケジュールをこなされる秋篠宮家。

「皇室の方々にとって公務は、受け身で臨むものです。各団体からの依頼を預かった宮内庁が、内容に応じて各皇族に振り分けます。ただ、最終的に参加をお決めになるのはご本人です」(宮内庁関係者)

 連日の公務で、当然お疲れもたまるだろうが、紀子さまは意気盛んだという。