NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を人気作に押し上げた功労者の1人は、りく役の宮沢りえ(49)に違いない。坂東彌十郎(66)が演じる北条時政の尻を叩く欲深い妻を名演した。

 1984年にジュニアモデルとしてデビューしてから38年。今や誰もが認める演技派女優だ。元V6で俳優の森田剛(43)との夫婦仲も円満。公私ともに充実している。

 だが、19歳のときに大きな蹉跌(さてつ)も経験した。元横綱・貴乃花(50、当時は関脇・貴花田)との婚約とその解消である。

貴乃花と宮沢りえの婚約・破局の舞台裏

 2人の婚約が判明したのは1992年10月26日夜。ちょうど30年前だ。その解消を2人が発表したのは3か月後の'93年1月27日だった。どうして破局したのか。時計の針を30年前に戻し、深層に迫りたい。

「世紀のスーパーカップル」と騒がれた2人の破局理由は当時、はっきりとしなかった。宮沢が「お互いの気持ちが通わなくなってしまった」と語る一方、貴乃花は「自分の仕事が充実できないのではと感じた」と話したが、どちらの説明も漠然としていた。

 貴乃花は「僕の愛情がなくなったから」とも語り、世間から「無責任ではないか」との批判を浴びた。もっとも、今ではよく知られている通り、貴乃花は口下手。よく誤解を招く。

 2人の婚約とその解消に宮沢側で深く関わっていた芸能関係者は貴乃花発言をこう補足する。

「貴乃花の真意は『結婚への壁を自分の愛情では乗り超えられなくなった』ということだった」

 その壁とは何だったのだろう。

 まず、2人の婚約をスクープしたのは久米宏氏(78)がキャスターを務めていたテレビ朝日『ニュースステーション』だった。番組冒頭で久米氏が「いやぁ、驚きました」と漏らした後、伝えた。

 直後からマスコミは大騒ぎに。とびきりチャーミングである上、ヌード写真集「Santa Fe」(1991年)を出すなど常に話題を振りまいてきたトップアイドルと、20歳で関脇を務めていた相撲界のプリンスが結婚するというのだから、マスコミが色めき立つのも無理はなかった。

 一夜明けた同10月27日のスポーツ紙の1面は6紙中4紙が「貴りえ婚約」。一般紙も朝日、毎日、産経が1面で報じた。

「振り返ると、婚約が明らかになった時点が2人の絶頂期だった」(前出・2人の婚約とその解消に深く関わった芸能関係者)

 2人は1990年元日付のスポーツニッポン紙の対談で知り合ったが、交際が始まったのは婚約が判明する約2か月前の1992年9月。貴乃花からのプロポーズは同10月に入ってからだった。電話で「結婚しよう」と申し込み、宮沢が「承知しました」と受け入れた。スピード婚約だった。

 準備不足は明らかだった。貴乃花の父親・故藤島親方と母親・藤田紀子さん(75)、宮沢の母親・故宮沢光子さんの顔合わせこそ済んでいたものの、結婚後の2人の生活設計は何も話し合われてなかった。無論、結婚後の宮沢の仕事についても最後まで協議されていない。また、藤島部屋の後援会関係者、宮沢の仕事関係者の大半は婚約について何も知らなかった。

 貴乃花は同10月27日に会見し、「2人で決めたこと」と強調したが、相撲界も芸能界も自分だけでは決められないことが多い。

「藤島部屋の後援会関係者は光子さんの行状や資産などをたちまち調べ上げ、“相撲界と折り合えるのか”と藤島親方に進言したそうです。また“りえさんが女将さんになるには引退しなくてはならないが、それが出来るのか”という声も上がった」(同・2人の婚約とその解消に深く関わった芸能関係者)