『24節気』という言葉で区切られるほど季節の豊かな変化が特色の日本。しかし今、そのサイクルに異変が。暑くなる秋、短くなる春。梅雨がないはずの北海道に大雨など一体何が起きているのか? 専門家が鳴らす警鐘に耳を傾けるときがきたーー。

「暑さ寒さも彼岸まで」との慣用句が、ここ最近はもはや通用しなくなりつつある。この秋も、10月半ばに全国の広い範囲で25℃以上の夏日を記録。かと思えば、そのおよそ10日後には強い寒気が日本列島を覆うなど、まるでジェットコースターのような急激な気温の変化が見られた。

 SNSでもここ数年、

《夏が長すぎて、春と秋が異常に短く感じる》

《やっと秋が来たと思ったら急激に寒くなって、とても身体がついていかない》

《日本はもう四季じゃなくて、夏と冬の二季の国だよね》

 などの意見が多く見られるように。東京大学先端科学技術研究センター教授で、気候変動科学を専門とする中村尚先生は、

「ここ40年で確実に地球温暖化が進行しており、特に直近の10年は、過去10万年の地球の歴史上でもっとも気温が高い期間でした」

 と話す。進み続ける温暖化は、日本の気候にどのような影響を及ぼしているのか。豊かな四季は、この先、姿を消してしまうのだろうか。

「気象庁が季節ごとにまとめた、日本域での約130年間の気温推移データがあります。春夏秋冬のすべての季節で気温の上昇が見られますが、なかでももっとも気温が上昇しているのが春で、次が秋なんです」(中村先生、以下同)

 平均すると、ここ100年のあいだに春は1・56度、秋は1・27度、気温が上昇している。

 同じく気象庁による月ごとのデータを確認すると、ここ100年で気温がもっとも上昇したのは3月で、約1・75度もの上昇が見られた。

「私が子どものころは、桜は4月の入学式に咲くものでした。しかし最近では、3月の卒業式の時期まで早まっていますね。2021年と2020年は特に早く、東京では3月14日に桜が開花しました。以前に比べ、春の到来が早まっていると実感します」

GWを迎えたと思ったら真夏日に

 春が早く来るのであれば、それだけ春が長くなるのかといえばそういうわけでもない。

「3月に次いで気温上昇率が高いのが5月です。北海道では真夏日を記録した年もあります。春だけでなく、夏の到来も早くなっているんです」

 桜の時期が過ぎ、ゴールデンウイークを迎えたと思ったら早くも真夏日が訪れる。こうした現象が、冒頭で触れたように「春が短い」と感じる理由のひとつだ。

 夏が早く訪れ、そのうえ10月を過ぎても暑い日が続く。このまま日本は本当に、夏と冬の二季になってしまうのか。