俳優の大泉洋さんが3年連続で紅白歌合戦の司会に抜擢されました。大泉さんはNHKの歌番組『SONGS』の司会も長年務めていて、仕切りも受け答えも折り紙つき。

 紅白の女性の司会者が一昨年は二階堂ふみさん、昨年は川口春奈さん、今年は橋本環奈さんと若いのに男性司会者は大泉さんが続投。若手の後継者が育っていないのでは? と懸念の声が局の内部からも聞こえています」(テレビ局関係者)

トークがうまいと思う俳優ランキング

 トークがうまい俳優といえば真っ先に名前が挙がる大泉洋(49)。その実力は確かに安定しているけれど、最近の若手俳優のトーク力も高レベル、とテレビウォッチャーの神無月ららさん。

「逆に最近の若手俳優のトーク力ってすごく高いと思うんです。今の世代の子って空気を読みますから、話術のほか立ち回りもうまいと感じる俳優さんが多いです」

 そこで、週刊女性では「トークがうまい男性俳優アンケート」を実施。10代から70代までの女性2000人を対象に調査した。大泉洋の後継者は誰だ?

 栄えある2位は菅田将暉(29)。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では大泉洋演じる頼朝の弟・義経を好演。NHKからの信頼の面でも“兄”に勝るとも劣らない。

「番宣で来ているはずなのに一生懸命盛り上げようとしている姿に人柄の良さを感じた」(33歳)、「笑いのセンスがある。1人でしゃべり倒すこともなく、周りに気を使って出しゃばらずにちゃんとトークもできる」(41歳)

 と、高評価を得た菅田将暉。'16年5月、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際にはダウンタウンへの愛を8枚もの手紙にしたため、読み上げる最中に感極まって号泣したことが今や伝説となっている。

「菅田さんは大阪府出身ということもあるのか、芸人さんへのリスペクトが強く、サービス精神も旺盛。率先して盛り上げようとしてくれるので現場の士気も上がり、ありがたい存在です」(バラエティー番組ディレクター)

 紅白司会に最も近い存在といえるだろう。