11月16日、24年ぶり9回目のNHK紅白歌合戦への出場が決まった工藤静香。そんな吉報の裏で、11月9日に更新した、自身のインスタグラムで起きた異変をめぐる騒動に見舞われている。何でも、彼女がインスタでフォローするのは夫・木村拓哉、CocomiとKoki,の家族3人なのだが、そこに突如として『X JAPAN』のYOSHIKIが加わったというのだ。

 これがツイッターユーザーによって発見、投稿されると、まさかのフォロー相手にネットは騒然。一部のネットニュースがこれを取り上げことで、瞬く間にネット上に広がっているというわけだ。

《いやー!! もう辞めて…また悪夢…です!》
《え、やだやだや 家族の中に一瞬でもいさせられたとかやだ》
何か意味があるか特別な思いがないとこんなにわかりやすい匂わせはしないよね?》

 双方のファンか、それとも夫・木村ファンの声なのか、驚きと悲鳴が上がると共に、中には“匂わせ”を疑うユーザーも。そう、YOSHIKIといえば静香の“元カレ”として知られているからだ。静香に“特別な思い”があってこその行動なのか。

「その投稿が事実ならば、多分に間違えての誤フォローでしょう」と、静香の単なるミスと推測するのはスポーツ紙芸能デスク。

「どうやらYOSHIKIへのフォローはものの数十分で外れて、すぐに元の家族3人に戻ったとあります。すぐにフォローしていたことに気づいたのか、焦って即消しした様子が伺えますね。彼女の行動に気づいたネットユーザーにも驚かされますが(苦笑)」

 とはいえ、特定の相手をフォローするには通常、インスタの閲覧が前提であることから、少なくとも静香はこの日にYOSHIKIの投稿をチェックしていた可能性はある。

 フォロー事件が起きた前日の 11月8日には、ちょうど彼がSNSで《YOSHIKI 緊急帰国 重大発表》と投稿した日だった。

“うっかり”とは思えない匂わせ前科

「おそらくは静香さんもSNSを追ってチェックしていて、画面操作をしているうちにうっかりフォローボタンを押してしまったのかなと。スマホ画面が見にくくなる年齢でもありますからね(笑)。まあ、元カレではなく、今なおアーティスト・YOSHIKIのいちファンとして動向を追っているのだと思いますよ」(前出・芸能デスク)
 
 本当に誤フォローだったのなら、静香が即座に外したにも頷けるのだが、彼女の場合は“うっかり”とは思えない“匂わせ”前科があるだけにーー。

 インスタ開設して1年が経った2018年、この頃は自身の歌唱動画を投稿することも多かった静香。同年11月20日には、1994年にリリースした代表曲の一つ『Blue Rose』を披露。これを当時と変わらない歌唱力でパワフルに、そしてカメラに視線を送って情熱的に歌い上げたのだった。