11月16日、大晦日に放送される『第73回NHK紅白歌合戦』出場者が発表された。昨年に続いて初出場の歌手、アーティストが10組とフレッシュな面々が揃ったのだが、一方で当確と思われながらも落選したのがーー、

「福原遥がヒロインを務める朝ドラ『舞いあがれ!』主題歌を担当するロックバンド『back number』。ここ数年で出場濃厚と見られながらも、やはり今年も漏れてしまったヒップホップ・ユニット『Creepy Nuts(クリーピーナッツ)』ですね。

 演歌や歌謡曲を減らして若返りを図っている紅白で、共に若い世代から絶大な支持を得るアーティストだけに落選は意外でした。ただ、back numberの方は“サプライズ”があるかもしれませんよ」

 スポーツ紙・芸能デスクが期待するように、近年の紅白でお決まりになっているのが朝ドラとのコラボ企画。2021年前期の『おかえりモネ』主題歌を担当した『BUMP OF CHICKEN』、同様に後期『カムカムエヴリバディ』のAIが出場を果たしている。

 そして2022年の前期『ちむどんどん』主題歌を歌った三浦大知も、無事に4回目の出場を果たすことに。この流れを汲むと当然、back numberは不可欠な存在だ。

「彼らが所属するのは、昨年の紅白に部屋着とスリッパのような衣装で出演し、岡山の実家からの中継で話題を独占した藤井風と同じ『ユニバーサルシグマ』。藤井もまた、当初の出場者発表では名前がなく、サプライズ的な立ち位置になりました。

 おそらくはback numberも朝ドラに絡めた、初登場にふさわしい演出が練られていると思いますよ」(前出・芸能デスク)

タイトルや歌詞に危ういワードが多い

 では、Creepy Nutsも望みはあるということだろうか。

 ラッパーの“R-指定”と、「世界一のDJ」の肩書きを持つ“DJ松永”からなるユニットの2人。2015年の結成後はインディーズ活動を経て、2017年に『ソニー・ミュージックエンターテイメント』グループへ移籍すると、シングル『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』でメジャーデビューを果たす。

 ところが、レコード会社関係者によると、名前の“R-指定”が表す通りに、2人によって作られるCreepy Nutsの楽曲はタイトル、そして歌詞の中に多分に“危うい”ワードが潜んでいるようだ。