11月9日、女優の真木よう子が韓国メディア『OSEN』のインタビューに登場した。そこでの発言がネットで物議を醸している。

 問題となった記事の取材は2005年の『パッチギ!』、2018年の『焼肉ドラゴン』と日本映画で「在日韓国人の役を演じた理由」をテーマに行われた。真木は『パッチギ!』を撮影する以前の自分を回想し、このように語るのであった。

《在日韓国人の存在は知っていたが、周りにそのような方々と全く交流がなく、私とは関係のない話だと思っていた》

日本人という事実が恥ずかしくもあった

 そして彼女は、教科書で習わなかったことが多かったという認識のもと、図書館で書物を読みふけり、独学で在日の人々にまつわる歴史を独学で勉強したと発言。このように続けた。

《日本の教科書で教える歴史が恨めしくもあり、過去のことをとても謝罪したかった。若い年齢では私が日本人という事実が恥ずかしくもあった》

 ナイーブにならざるをえないテーマについて自身の見解を述べた真木。しかし、当然というべきか、SNS上ではさまざまな物議を醸し、炎上状態に陥ってしまった。インスタグラムのコメント欄にもこの一件に関しての意見が多く寄せられている。

 この件については著名人も反応。明治天皇の玄孫で政治評論家の竹田恒泰氏は、自身のYouTubeチャンネルで、「真実の歴史を学べばですね、日本人であることが恥ずかしいとか……そんなことになるわけがないですね」と苦言を呈していた。