自称“少年革命家”の不登校YouTuber・ゆたぼん(13)がたびたび炎上を起こしている。目標であった日本一周を終え、本来ならお祝いムードなのに何故だろうか?

日本一周成功も世間の反応はイマイチ

 ゆたぼんは「日本中の人に元気と勇気を届けたい!」と、6月30日にクラウドファンディングで集めた資金487万円をもとに『ゆたぼんスタディ号』で日本一周をスタートさせた。

「日本一周をして、主に不登校児を勇気づけるという目的でしたが、YouTubeで投稿される動画は美味しいものをごちそうになったり、観光したりと遊んでいるように見えました。クラウドファンディングの主旨からもズレて、ネット上では返金を求める署名運動まで起きていました。

 旅の終盤では見積もりが甘かったのか資金が底をつき、ゆたぼんが頭を下げ『投げ銭をしてほしい』と“物乞い”まがいのお願い動画も投稿しています。

 そんな過程で彼への批判が増えましたが、ゆたぼんは正論も含め自分の意にそぐわない指摘をしてくる人々すべてをアンチと決めつけ、動画やTwitterで煽る行為を続けているように思えます」

 11月21日に投稿された『アンチの皆さん、すみませんでした』と題した動画でも、

「署名活動とかわけわからんことして、必死で俺の日本一周を邪魔して中止にさせようとしていたアンチの皆さん、期待に応えることができなくて、ほんまにほんまに……」

 と謝るふりをしつつ、「ねえ今どんな気持ち~?どんな気持ち~?」と歌に乗せ、人差し指を突きつけながらおちょくって見せた。