11月21日、『週刊ヤングマガジン』(講談社)の編集部は大ヒット漫画『頭文字D』の作者として知られる漫画家・しげの秀一(64)が担当している連載の休止を発表した。同編集部によると休載の理由は体調不良のためで、再開の目途は立っていないようだ。しげののファンからは応援の声が多数寄せられる一方、彼を心配してなのか「もう打ち切りにしてあげなよ」というコメントも少なくない。

 連載休止になったのは『頭文字D』の後継作である『MFゴースト』で、実在の公道を走る自動車レースを題材とした人気作で2023年には“TVアニメ化”も決定していた。しかし体調不良によって連載だけでなく、アニメ化の再開時期も未定となってしまった。

「人生は苦難の連続です」

人気作品『MFゴースト』はアニメ化も予定されていたが、延期に(公式サイトより)

 SNS上にはしげのに対して様々な声が寄せられているが、中には彼がこうなってしまうのを予想できたファンもいるようで「やっぱりね……」と納得の声も。というのも、しげのは同作の連載中に『ヤングマガジン』の巻末にある作者コメントで“鬱発言”を連発していたのだ。それは誰が見ても明らかな “SOSのサイン”──。一部を抜粋すると、

《正月早々からお先真っ暗です》

《今年にはいってから体調わるいです》

《仕事はただひたすらつらい》

《ヤンマガには営業自粛は出ていないのだろうか》

《人生は苦難の連続です》

《楽しくないです》

《GWの予定キャンセルしました。むなしいです》

《このごろ最悪です》

《もくもくと仕事していれば、いつか楽しいこともあるのだろう》

《めっきり冬っぽくなってきました。むなしく時間がすぎていきます》

《良くないことばかり起こります》

 と、どう見ても“病んでいる”としか思えないコメントが何度も寄せられている。