《中央線サイレント遅延 7分 接続ズレて乗り換え出来ない》

《東海道線が10分もサイレント遅延している》

《東西線くん、、、5分以上の遅延は言ってくれ、、サイレント遅延やめて》

《大阪メトロさん、御堂筋サイレント遅延されたら、有給消化されるんだよ。迷惑なんだよ。遅延証明お願いだから、出して?》

《JRのサイレント遅延なんなん??????どこが平常運転なん??????》

《ホンマに環状線サイレント遅延やめてほしい ちゃんと遅延した時間表示して詫びたまえ テスト逃しかけてんねんこちとら》

《また京阪 サイレント遅延 謝れや》

《恒例のサイレント遅延やめろ、こんくらいええか思てるやろ近鉄》

『サイレント遅延』――今クールいちばん話題のドラマ『silent』(フジテレビ系)が、プロ野球日本シリーズの影響で放送開始時間が遅延したこと、そしてそれに怒っている人たち……ではない。最近Twitterによく投稿されているこの言葉……。

Twitterで散見されるサイレント遅延

共通の“定義”は定かではないですが、電車が遅延した際に、そのアナウンスやお詫びがないが遅れている、遅延情報は出ていないけど電車が遅れている、という状況を指した言葉のようですね

 そう話すのは、元東京メトロ職員で鉄道ジャーナリストの枝久保達也さん。

 遅延の旨が、

●駅構内などでアナウンスがされず
●案内表示(ホームにある運行時刻・行き先が示された電光掲示板)にも“遅れ○分”などと表示されず
●鉄道会社ホームページにも情報はなく“通常運転”となっている
●乗り換えアプリなどでも表示されない

 といった、遅延が伝えられない・明らかにされてない、しかし明らかに遅延しているという電車の遅延が“サイレント遅延”となる。

 Twitterで“サイレント遅延”と検索すると、非常に皆、憤っている。サイレント遅延となる“原因”は何だろうか。