日本時間の12月2日午前4時にキックオフを迎える運命のスペイン戦。サッカーワールドカップ・カタール大会に臨んでいる「サムライブルー」こと日本代表チームが正念場を迎えている。

 初戦のドイツ戦を2ー1で勝利して大金星をあげるも、次のコスタリカ戦で0ー1とまさかの敗戦。もつれた最終戦のスペイン戦で勝利すれば文句なし、引き分け以上ではドイツ対コスタリカの結果次第で決勝トーナメント進出が決定する。

 そんな大一番で期待されるのがドイツ戦で見せたような、森保一監督が仕掛けた大胆な采配だろう。同点ゴールを決めた堂安律選手に果敢にアタックを仕掛けた三笘薫選手、そして決勝ゴールを決めた浅野拓磨選手と、後半の選手起用が見事に当たって結果に結びつけたのだがーー。

「選手の士気を高める森保さんの手腕も見事ですが……」とは、ユースチームの日本代表チームも取材してきたサッカージャーナリスト。どうやら、スペイン戦の“キーマン”となる人物がもう1人いるようだ。

日本代表の国歌斉唱時やベンチで常に監督の隣をキープしている横内昭展(あきのぶ)コーチです。いや、森保さんの方が頼りにしていると言ってもいい、特に攻撃面での作戦参謀を務めているのが横内さんで文字通り、監督の“右うで”的存在です。ドイツ戦を勝利に導いた采配も、横内さんのサポートがあってこそでしょう

現代表の主力選手を長年指導してきた

 同じ九州男児の森保監督との付き合いは長く、現役時代に所属したJリーグ『サンフレッチェ広島』の前身チームである『マツダSC』でもチームメイトだった2人。引退後はともにサンフレッチェの監督、コーチを務めて3度のチーム優勝。その後、横内コーチはその手腕を買われて、日本サッカー協会で若手選手を指導。

 森保監督もアンダー世代の監督を経験した後に、W杯ロシア大会で指揮をとった西野朗氏の元でA代表のコーチに就任。大会終了後に「森保JAPAN」が誕生すると、絶対的な信頼を寄せる横内コーチをチームに呼び寄せたというわけだ。

 また、横内コーチを頼りにしているのは監督だけではなさそう。

「横内さんが指導にあたった2017年の“U-20”メンバーには堂安に三苫、久保建英、上田綺世、伊藤洋輝、冨安健洋らがいます。また以後も、各年代の代表で前田大然、板倉滉、田中碧を指導。そしてオーバーエイジ枠で吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航を招集した2021年の『東京五輪』でもコーチを務めました。

 つまりは現代表の主力選手を見続けてきたわけで、彼らの性格とプレースタイルを知り尽くしている。五輪では森保さんが指揮をとりましたが、A代表監督との兼任ともあって、実質的な監督は横内さんとの見方もあったほど。つまりは二人三脚で若手を指導してチームを作ってきた成果が今、W杯の舞台で発揮されているわけです」(前出・サッカージャーナリスト)