「まず、僕が言わなくてはいけないことは、プロダクションのスタッフや仕事関係の方々に、申し訳ありませんでした、という言葉。迷惑をかけ、みんなにイヤな思いをさせてしまったから……」

 伏目がちに反省を語り出したのは羽賀研二(61)。羽賀といえば、'07年6月に未公開株の元値を隠して高値で売りつけた、詐欺・恐喝未遂の容疑で逮捕された事件を思い出す。'13年に懲役6年の実刑が確定し、沖縄刑務所で服役。

出所後には多くの励ましの電話が

 いったん刑務所から出所するも、さらに'17年、所有する16物件の不動産名義を妻に移し財産を隠したと、強制執行妨害の疑いで再逮捕。'20年9月に懲役1年2か月の実刑を言い渡され、再び沖縄刑務所に─。

「未公開株の件では、一審では無罪判決だったんです。言い訳はしたくないですけど、先輩から“おまえ、これ(株式)持っておけ。絶対儲かるから”と言われて。ただ人を信じただけだったんですよ……。当時の嫁さんに不動産の名義を移したことも、弁護士に相談してやったこと。

 “大丈夫です”と言われていたのに、結局は再逮捕されてしまいました。僕は人を信じて、その言葉に従っただけなんですけどね。人を騙そうなんて気持ちは、まったくありませんでした。反省していないと言われるかもしれないけど、冤罪だと思っていますよ。でも、最終的に決断して行動したのは自分自身。“うまい話”に乗ってしまった僕がいけなかったんです

 昨年の9月に服役を終えて出所。芸能関係者や友達から励ましの電話など、連絡をたくさんもらえたのだが……。

「一緒に仕事をしたことのある人なら言い訳しなくてもわかってくれると思っていたし、芸能界に戻ろうと思ったら“いいよ、来いよ”と言ってくれると思っていました」

 しかし、現実はそんなに甘くなかった。