昨年の大みそかに放送された『NHK紅白歌合戦』に出場し、お茶の間の注目を集めたシンガーソングライター・藤井風。圧倒的なパフォーマンスが話題になったが、今年に入ってある“疑惑”が取り沙汰されている。

 藤井は『紅白』にて、2020年にリリースし、22年にSNSを通じて世界的にヒットした「死ぬのがいいわ」を披露。独特な世界観と確かな歌唱力は、ネット上で大きな反響を呼んだ。

雑誌に答えていた「座右の銘」

「そんな藤井ですが、実は以前から一部ファンの間で、インドの新興宗教指導者であるサティヤ・サイ・ババを信仰しているのではないか、とささやかれていました。その疑惑が決定的になったのは、昨年11月ごろ。藤井がこれまでリリースしたアルバムのタイトル『HELP EVER HURT NEVER』(20年)と『LOVE ALL SERVE ALL』(22年)が、サイババの有名な“教え”からの引用だとわかり、これを問題視するネットユーザーが声を上げ始めたのです」(音楽誌ライター)

 というのも、この時点で藤井は、アルバムのタイトルが“サイババの教えからの引用”であることを公にしていなかったのだ。そのため、ネット上には「藤井風のファンは、彼の音楽を通して知らぬ間にサイババの思想をインストールしてしまっているのではないか」「藤井風がサイババの広告塔になってしまう」といった懸念の声が続出した。

「藤井は『HELP EVER HURT NEVER』という言葉について、音楽雑誌『MUSICA』2022年5月号(FACT)で“座右の銘”だと告白。藤井のマネジャーもこのインタビューに参加していて、『初めて聞いた言葉だったんですけど、その「決して傷つけない」って言うのが彼の本質だってわかった』などと語っています。ここにもやはり、サイババの名前は出てきていません」(前出・音楽誌ライター)