「びっくりしました。YouTubeでも『歌ってみた』という企画をやっているので、“いつかカバーアルバムのようなものができたらいいよねえ”と、仲間内で話してはいたんですが、まさかオファーしていただけるとは想像していなくて」

 1月25日にカバーアルバム『セカンドプロポーズ』をリリースする宮迫博之。レコード会社からオファーを受けたときの気持ちを、こう振り返る。山口智充との音楽デュオ“くず”や『歌ってみた』企画などで歌のうまさは折り紙付きだが、今作は想像を上回る名盤。シャ乱Qやさだまさしなど、珠玉の名曲のカバー10曲+オリジナル曲『セカンドプロポーズ』で、歌ウマ芸人・宮迫の真骨頂を心ゆくまで堪能できる。

“嫁迫”にサプライズしなくなった理由

“セカンドプロポーズ”というコンセプトは本人発案。

「結婚するとき、きちんと“結婚してください”と言ってなかったので、あらためてセカンドプロポーズとして、その思いを伝えたいなと。カバーした楽曲も、出会った19~20歳のころにカラオケボックスでよく歌っていた曲など、嫁との思い出の曲が多いんですよね」

 ジャケットは、ボックスを開けて指輪を差し出しているような写真。この指輪は以前、宮迫が妻にプレゼントしたものだという。もしかして実際の結婚指輪?

「いやいや、当時は僕がどん底だったので、とても買えませんでした(笑)。誕生日かクリスマスか? ちょっと忘れてしまいましたけど。嫁はこれがいちばん気に入ってるんじゃないかなあ。指輪は何個かプレゼントしているので、どれがいいか、家で一緒に選びました。これは一粒ダイヤでプロポーズっぽく、“映えそうやなあ”と」

 昔から、誕生日や結婚記念日などに、サプライズをすることが好きだったという宮迫。だが、今はもうしなくなったという。そのワケは?

「あるとき、高級イタリアンでサプライズをしたんです。ちょうど話題のカルパッチョが出てきたタイミングで、僕が“ちょっとお腹痛いわ”って席を立って。で、帰ってきて“おい! トイレの隣におまえの欲しがっていたカバンが置いてあったぞ!”って、やったんですね。

 そしたら、“え、ありがとう”って言いながら、カルパッチョを取ったんですよ! “おい! 完全に(気持ちが)カルパッチョに行っとるやんけ!”“あー、ごめんごめん”“もうサプライズせえへんからな!”となって、普通にプレゼントをあげるだけにしました(笑)」